─ PARTNERS
  • ソフトバンクグループ
  • 日本生命保険相互会社
  • 三井不動産株式会社
  • NIKE
  • molten
  • 朝日新聞社
  • 日本経済新聞社
  • 株式会社JTB
  • ニチバン株式会社
  • 日本航空株式会社
AKATSUKI JAPAN
バスケットボール日本代表

日本を照らす代表チームに

バスケットボール日本代表のニックネームである『AKATSUKI』のモチーフは、2016年からの展開でファン、関係者に親しまれています。
今回のリブランディングではリセットするのではなく、FIBA女子ワールドカップ2022、FIBAワールドカップ2023、パリ2024オリンピックに向けて、5人制、3人制、男子、女子と様々なカテゴリーの日本代表を「AKATSUKI JAPAN」に統一することでブランディングを強化いたします。

当初掲げた『日の出の勢い』をもって『バスケで日本を元気に』していく、日本を明るく照らす存在であることをオールバスケで引き続き目指していくとともに、選ばれた選手が誇りを持って世界と戦い、誰もが憧れ・応援したくなる日本代表をカテゴリの分け隔てなく、心を一つにして応援していただきたいという思いが込められています。

CACTEGORY

5人制男子 MEN’S
5人制女子 WOMEN’S
3人制男子 MEN’S 3x3
3人制女子 WOMEN’S 3x3

5人制男子 MEN’S

ロードマップ

パリ2024オリンピックの自力出場とベスト8を目指す。FIBAワールドカップ2019、東京2020オリンピックで未勝利と世界では結果を出せていないが、2023年の自国(沖縄市)開催のワールドカップでアジアゾーン1位になることで、最短でのパリ出場権確保を目指す。これが未達の場合、2024年6月開催予定のOQT(FIBAオリンピック世界最終予選)に回り、6チームで争うトーナメントで優勝することでパリ2024オリンピック出場が決まる。

  • 2021.11-2022.7
    FIBAワールドカップ2023
    アジア地区1次予選
  • 2022.7
    FIBAアジアカップ2022
  • 2022.8-2023.2
    FIBAワールドカップ2023
    アジア地区2次予選
  • 2023.8-9
    FIBAワールドカップ2023
    アジア最上位チームとなればオリンピック出場権獲得。 上位16チームもしくはアジア2位チームとなればOQTへ出場。
  • 2024.6(予定)
    FIBAオリンピック
    世界最終予選(OQT)
    4地区制、各6チームのトーナメントで優勝すればオリンピック出場権を獲得。
  • 2024.7-8
    パリ2024オリンピック

強化方針

東京2020オリンピックで女子日本代表を銀メダルに導いたトム・ホーバスが、大会後に男子のヘッドコーチに就任。多くの選手を代表合宿に招集し、トライアウトを繰り返しながらチームを作っている。彼が掲げるのは『アナリティクス バスケットボール』で、ペイントエリアでの確率の高い2点シュートを狙い、次に3Pシュートと得点期待値の高いオフェンスを徹底する。「女子でやったスタイルを男子でもやります。日本の速さ、スペーシングを良く使うチームバスケがやりたい」と抱負を語る。

大会情報

2022

5人制女子 WOMEN’S

ロードマップ

FIBA女子ワールドカップ2022で優勝すればパリ2024オリンピックの出場権が得られる。これが未達の場合、FIBA女子アジアカップ2023でベスト4以上の成績を収め、OQT(FIBA女子オリンピック世界最終予選)の出場権を獲得し、2024年2月開催予定のOQTで4チームで争うトーナメントで3位以内に入ることでオリンピック出場となる。

  • 2022.9-10
    FIBA女子ワールドカップ2022 優勝チームがオリンピック出場権を獲得。
  • 2023.7-9(予定)
    FIBA女子アジアカップ2023
    兼パリ2024オリンピックプレ予選 上位4チームがOQTへ出場。
  • 2024.2
    FIBAオリンピック
    世界最終予選(OQT) 4地区制、トーナメントの各上位3チームがオリンピック出場。
  • 2024.7-8
    パリ2024オリンピック

強化方針

東京オリンピックで銀メダルを獲得した女子日本代表がパリで目指すのは金メダルだ。恩塚亨ヘッドコーチが掲げるテーマは『世界一のアジリティ』で、これは「素早く効果的なプレーを発揮し続ける能力」と定義される。恩塚ヘッドコーチは「ただ早く動くだけでなくて、その場に応じて的確な判断ができることも重要」と語るとともに「良質な非常識こそイノベーションを生み出す」として、選手自身の判断も求めている。

大会情報

2022

3人制男子 MEN’S 3x3

ロードマップ

東京2020オリンピックで新たに正式種目として採用された3x3バスケットボール。東京大会では男子が6位、女子が5位と結果を出した。それでも、5人制の12チーム枠に対して3人制は男女とも8チームしかオリンピックに参加できない『狭き門』であり、パリ2024オリンピックに向けては男女ともに厳しい予選を勝ち抜く必要がある。

  • 2023.11
    NFランキング 2023年11月1日時点での国別ランキング上位3チームがパリ2024オリンピックへのストレートインでの出場権を獲得する。この3か国には、開催国フランスの男子か女子のランキング上位のジェンダーが含まれる。同じゾーンからは最大2か国まで。
  • 2024.1-6
    UOQT
    (UOQT)ユニバ―サリティー方式オリンピック選考会 UOQT-1は過去2大会のオリンピック(5人制)に出場していない国が出場するため、日本には参加資格なし。UOQT-2はゾーンカップ優勝国、UOQT-2開催国、フランス(男子or女子)、ワールドカップ上位8か国の8チームが参加。優勝チームがパリ2024オリンピック出場権を獲得。
  • 2024.6
    OQT(オリンピック予選) NFランキング上位16か国(同じゾーンからは最大8か国、最小2か国が出場)で大会を行い、上位3チームがパリ2024オリンピック出場権を獲得。

大会情報

2022

3人制女子 WOMEN’S 3x3

ロードマップ

東京2020オリンピックで新たに正式種目として採用された3x3バスケットボール。東京大会では男子が6位、女子が5位と結果を出した。それでも、5人制の12チーム枠に対して3人制は男女とも8チームしかオリンピックに参加できない『狭き門』であり、パリ2024オリンピックに向けては男女ともに厳しい予選を勝ち抜く必要がある。

  • 2023.11
    NFランキング 2023年11月1日時点での国別ランキング上位3チームがパリ2024オリンピックへのストレートインでの出場権を獲得する。この3か国には、開催国フランスの男子か女子のランキング上位のジェンダーが含まれる。同じゾーンからは最大2か国まで。
  • 2024.1-6
    UOQT
    (UOQT)ユニバ―サリティー方式オリンピック選考会 UOQT-1は過去2大会のオリンピック(5人制)に出場していない国が出場するため、日本には参加資格なし。UOQT-2はゾーンカップ優勝国、UOQT-2開催国、フランス(男子or女子)、ワールドカップ上位8か国の8チームが参加。優勝チームがパリ2024オリンピック出場権を獲得。
  • 2024.6
    OQT(オリンピック予選) NFランキング上位16か国(同じゾーンからは最大8か国、最小2か国が出場)で大会を行い、上位3チームがパリ2024オリンピック出場権を獲得。

大会情報

2022
─ PARTNERS
  • ソフトバンクグループ
  • 日本生命保険相互会社
  • 三井不動産株式会社
  • NIKE
  • molten
  • 朝日新聞社
  • 日本経済新聞社
  • 株式会社JTB
  • ニチバン株式会社
  • 日本航空株式会社
本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
© Japan Basketball Association. All Rights Reserved.