JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE

3×3(スリーバイスリー)について

3x3

公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)では、

日本国内のバスケットボール人口拡大に向け、

バスケットボールの新たなカテゴリーとして、

以下の3つの柱で3x3推進活動を行っています。

コーチライセンス

普及

3×3日本選手権大会の開催、3×3競技大会の推進

 

育成

ストリートから世界まで繋がった仕組みの中で競技者と

ともに大会を開催するオーガナイザーも登録を行い、

一枚岩で3×3競技者の育成

 

強化

各カテゴリーの3×3日本代表チームの編成、強化活動、

国際大会への派遣

 

3x3ネットワーク

3x3のしくみ

3×3と5on5の違い

3x3 5on5
コートとボール 横15m、縦11m、使用球は全カテゴリー3x3オフィシャルボール
(6号サイズx7号重量)
横15m、縦28m、使用球はカテゴリーによる
チームの構成 4名以内 12名以内
タイムアウト 1チーム1回(30秒) 前半(第1・第2ピリオド通して)に2回、後半(第3・第4ピリオド)に3回
ゲームの開始 コイン・トスによって攻撃権を決定し、“チェクボール”を行いゲームを開始する。 ジャンプボール
競技時間とゲームの勝敗
(得点の上限)
試合時間は10分の1ピリオド。ただし、どちからのチームが21点以上得点した場合はその時点で終了。 10分のピリオドを4回行う。
延長 先に2点を得点したチームの勝ち 1回5分の延長時限を必要な回数行う。
得点 ツーポイントラインの内側⇒1点、ツーポイントラインの外側⇒2点、フリースロー⇒1点 スリーポイントラインの内側⇒2点、スリーポイントラインの外側⇒3点、フリースロー⇒1点
ショットクロック 12秒 24秒
チーム・ファウル制限 6回 各ピリオド4回
チーム・ファウルによる罰則 7回目以降はショット時でないファウルであっても、ファウルを受けたチームには2個のフリースローが与えられる。10回目以降は、2個のフリースローに加え、さらに、ボールの所有権も与えられる。 5回目以降はショット時でないファウルであっても、ファウルを受けたチームには2個のフリースローが与えられる。
フィールドゴールが成功したとき あらたに攻撃側になったチームは、リング下からドリブルかパスによってボールを一度ツーポイントラインの外まで運ばなければならない。あらたに守備側になったチームは、ボールが“ノー・チャージ・セミサークル”の外に出るまではボールに対してプレイをしてはならない。 エンドラインからスローイン
ボールがデッドになったときのゲームの再開 チェックボール サイドラインもしくはエンドラインからスロ-イン
守備側がリバウンド、スティールしたとき ボールを一度ツーポイントラインの外まで運ばなければならない。
ヘルドボールのとき 守備側だったチームのボールでチェックボール。 ジャンプ・ボール・シチュエーションとなり、両チームが交互にスローインをして再開する
個人ファウルの制限と退場 個人ファウルの制限なし。アンスポーツマンライク・ファウル2回、または、ディスクォリファイリング・ファウルで退場。 個人ファウル5回、アンスポーツマンライク・ファウル2回、または、ディスクォリファイリング・ファウルで退場。
交代の手続き スコアラー・審判に申告する必要なし。 交代要員自身がスコアラーに申告.


※ 「チーム・ファウルによる罰則」(7.8.9回目および10回目以上)は、ショットが成功したときは得点が認められ、さらに2個のフリースローが与えられる。
※「ツーポイントラインの外に出る」というのは、ボールを持った選手のどちらの足もツーポイントラインの内側についていない状態を指す。
※「チェックボール」コート内のツーポイントライン外側の頂点付近で、守備側になるチームの選手が攻撃側になるチームの選手にボールをパスあるいはトスして渡す。

JBA 3×3 Official Site


http://3×3.japanbasketball.jp/

3x3公式サイト

3x3公式サイト