JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

審判

審判

 公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)では、公認審判資格制度を設け、公認審判の審判技術の向上と平準化を図るため、審判員養成事業を展開しています。
 審判員は、試合を行う上で必要不可欠な存在であり、試合を円滑に進めるために非常に大きな役割を担っています。また、世界に通じる選手の育成には、コーチ同様に、審判員の育成と強化も必要となります。
 当協会では、今後の新規大会の創設、リーグ戦化構想による大会審判員の増員の必要性を鑑み、2016年度(平成28年度)から新ライセンス制度を導入し、これまで都道府県バスケットボール協会や各種連盟が独自に発行していた審判資格を統一します。従来のAA級公認、A級公認、日本公認という3段階から、C級、D級、E級を加えた6段階の全国共通のライセンス制度として、審判員の育成・普及に取り組んでいきます。


TOPICS 最新トピックス

 9月18日 【重要】2020 FIBA 新ルール変更点ならびに国内適用時期について
 9月 1日 トップリーグ担当審判研修会 (オンライン) 実施報告
 7月 6日 審判ウェア セカンドユニフォームの導入と運用について
 6月 4日 【重要】新型コロナ感染症による2020年度審判および審判インストラクターライセンス特例措置について
 5月 1日 JBAプレーコーリング・ガイドライン(2020年5月1日版)について
2020年
 4月21日
JBA 公認 E 級審判新規取得講習 (eラーニング) 申込受付についてのご案内



■JBA公認審判ライセンス取得者の無償入場観戦について

これまで審判ライセンス取得者(D級以上)・コーチライセンス取得者(D級以上)は、登録証の提示により、一部の競技会に限り無償入場での観戦を可能としておりましたが、ライセンス制度・規程の改訂に伴い、登録証の提示によるJBA主催大会・試合の無償入場・観戦はできなくなりました。
しかしながら、2019年度については、移行措置として以下のように対応いたします。
※2020年度以降は、審判・コーチ登録証の提示によるJBA主催大会・試合の入場・観戦は行いません。
<審判ライセンス取得者>

  • 「審判登録証」の提示によって入場・観戦できる審判ライセンスは、「JBA公認D級審判以上」となります。
  • 入場の際は、有効期限内の登録証(JBAポイントカード/PDF登録証のいずれか)を必ずご提示ください。
  • 審判登録証の提示によって入場可能となっている場合でも、会場の安全確保のため、または、満員のために入場制限を行う場合がありますので予めご了承ください。



 

■関連動画

◆【JBA】トップリーグ審判員の一日 シミュレーション映像