JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

コーチライセンス概要

コーチライセンス制度について(改定の趣旨)

コーチライセンス制度は、コーチライセンスを取得することによって、コーチに必要な知識・能力等を身に付け、プレーヤーにとって安心、安全な環境を構築すること、また、バスケットボールをはじめとしたスポーツの楽しさを広げていくこと、さらには人間力・競技力の向上に寄与することを目的としています。

より多くのプレーヤーがバスケットボールを通じて楽しさを感じ、また、人間として、プレーヤーとして成長できるような環境を作るためには、コーチ自身が人間力を高め、プレーヤーやチームの状況、ニーズに応じて適切な支援をすることが必要です。

また、残念ながらバスケットボール界においては、指導現場における様々な問題(暴力・暴言・ハラスメント等)があるのも事実であり、そういった意味でもバスケットボールの知識だけではなく、人間力を備えたコーチの養成が求められています。

このような現状の課題を解決し、よりよいコーチを数多く養成していくために、2019年度よりコーチライセンス制度を改定しました。

主な改定内容

  • ライセンス区分の再設定とカリキュラムの見直し
  • 指導対象レベルや年齢によるライセンス区分を再設定し、指導対象によって求められるコーチの行動や能力に合わせたカリキュラム構成に変更

  • E級eラーニングの導入
  • コーチとして最低限身に付けておくべきことをより学びやすくするために新E級を設置し、eラーニング方式の受講に変更(E-1級・E-2級⇒E級に一本化)

  • E級永年制の廃止&リフレッシュポイントの見直し
  • 技術・戦術、指導方法等の変化に対応し、プレーヤーの安心・安全を確保するためにE級永年制を撤廃(E級の有効期間は4年間に)
    コーチが常に学び続けることを促進するために、ライセンス別に必要なリフレッシュポイントを設定(2023年度より適用)

  • C級コーチ養成講習会の開催
  • ライセンス区分とカリキュラムの見直しに応じ、C級コーチ養成講習会を集合講習にて開催(日本スポーツ協会の制度改定にも対応)

  • A級・B級コーチ養成講習会の再編
  • 日本スポーツ協会との登録管理・窓口一本化に伴い、共通科目・専門科目を一体的に実施
    (B級では集合講習日数を短縮して取得可能に)

  • コーチデベロッパーの養成
  • 知識や技術・戦術の指導力だけではなく、人間力を兼ね備えた指導者を養成するための人材を養成
    (C級・D級コーチ養成講習会の講師を担当)

  • キッズインストラクターの新設
  • まだバスケットボールに触れていない子どもたちにからだを動かすことの楽しさを伝えることができるカリキュラムを作成し、それを実施できる人材を養成

  • ジュニアエキスパートの新設
  • 育成環境を充実(個人の将来性を重視)するために育成世代に特化したライセンスを新設
    ⇒スクールやU15・U18のクラブチームのコーチや育成センターのコーチ等に対応

新ライセンス体系(指導対象と必要なライセンス区分)

新ライセンス体系(指導対象と必要なライセンス区分)

各ライセンスの概要

E級
コーチ
D級
コーチ
C級
コーチ
B級
コーチ
A級
コーチ
S級
コーチ
ジュニアエキスパート キッズインストラクター
講習会
開催団体
JBA 都道府県
協会
都道府県
協会
JBA JBA JBA JBA JBA
開催頻度
(年)
随時 1回以上 1回以上 1回以上 1回以上 1回 1回以上 1回以上
受講条件
(※1)
15歳以上 E級保有者
18歳以上
D級保有者
18歳以上
C級保有者
22歳以上
B級保有者
22歳以上
A級保有者
22歳以上
B級保有者
22歳以上
15歳以上
講習時間 (eラーニング) 13.5時間
(2日程度)
20時間
(3日程度)
5日程度 8日程度 ※4 8日程度 半日程度
受講料 2,200円 13,200円 16,500円 44,000円 55,000円 275,000円 88,000円 2,200円
受講有効期間 30日間 2年 2年 1年 1年 ※4 1年 1年
登録料/年
(※2)
1,000円 3,000円 4,000円
(1,500円)
5,000円
(2,500円)
6,000円
(3,500円)
12,500円
(10,000円)
S~B級登録料
+5,000円
資格有効期間 4年 1年 1年 1年 1年 1年 1年 5年
更新に必要
なポイント
(※3)
2ポイント 4ポイント 6ポイント 8ポイント 8ポイント S~B級の必要ポイント
+別途研修を受講
日本スポーツ協会における資格名 コーチ1 コーチ3 コーチ4 コーチ4

(※1)年齢は受講年度の4/1現在。S~B級以上の受講条件の詳細は別途定める。
(※2)E級のみ4年分。C~S級は日本スポーツ協会分を含む金額表示であり、2020年度までは()内の金額をJBAにて徴収。
(※3)2022年度の更新まではC~S級も2ポイント。
(※4)S級コーチの講習時間、受講有効期間は別途定める。

改定スケジュール

コーチライセンス制度改定の内容は、以下のスケジュールで導入を進めていきます。
改定スケジュール

主な移行措置

◆ E-1級・E-2級から新E級への一本化について

  • 2018年度までに受講・取得したE-1級・E-2級の有効期限は2023年度までとなります。
  • E-1級取得者が、新D級コーチ養成講習会を受講する場合、カリキュラムの一部(半日分)が免除されます。
  • 新E級のeラーニングを受講することで、2024年度以降もE級ライセンスを保有することができます。
    (E級ライセンスの有効期間は4年間です。eラーニングを再受講することにより、E級を再取得(継続)することも可能です。)

詳細は「2019年度からのコーチライセンス制度改定のご案内」P4参照

◆ C級コーチライセンスの取得について(受付はすでに終了しました。)

  • 「共通科目Ⅰ修了者」(スポーツリーダー、スポーツ少年団認定員、日本スポーツ協会が定める大学・専門学校の免除適用コース修了者等)は、2019年まではD級コーチ取得後、所定の手続きのみでC級コーチを取得することが可能です。

詳細は「2019年度からのコーチライセンス制度改定のご案内」P5参照

◆ 新リフレッシュポイントの適用について

  • 2023年度から新リフレッシュポイント基準が適用されます。2023年度のライセンス更新時には新ポイント基準が適用されますので、それまでに必要なポイントの取得を行ってください。
    (リフレッシュポイントの有効期間は現行通り4年間です。)
  • 2019年度~2022年度のライセンス更新時には現行の基準(ライセンスに関わらず2ポイント)が適用されます。
  • 2020年度からはeラーニングによるリフレッシュ研修コースも開講予定です。