JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE

コーチライセンス概要

目的

公認コーチライセンス制度の目的

    (1) 多様なニーズに対応できるコーチを一貫したシステムにより養成し、その指導力の向上をはかること
    (2) バスケットボール競技の普及発展及び強化に即応するために、コーチの組織化をはかること
    (3) コーチの位置づけと役割に応じたコーチライセンス認定を行い、社会的信頼を確保すること
    (4) 海外のコーチライセンス制度との整合性をはかり、交流を促進すること

コーチライセンスの役割と種類

コーチライセンス

2015(平成27)年度より、公式戦で指揮を執るコーチは必要資格を保有していることとします。
※主な適用大会レベルの範囲は別表参照
※トップリーグにおける外国籍コーチについては、別途規定に基づき、指導者育成委員会で審査を行います。
※ベンチでは、JBAより発行された登録証(ライセンスカード)を首から提げてください。

JBA公認A級コーチ(日体協公認上級コーチ)

全国レベルのトレーニング拠点において、各年代で選抜された競技者の育成強化にあたる。

JBA公認B級コーチ(日体協公認コーチ)

ブロックレベルのトレーニング拠点において、各年代で選抜された競技者の育成強化にあたる。

JBA公認C級コーチ(日体協公認上級指導員/日体協公認指導員)

都道府県レベルのチームにおいて、年齢、競技レベルに応じた技術指導にあたる。
※2015年度以降はC-1級、C-2級の呼称を「JBA公認C級コーチ」に統一

JBA公認D級コーチ

地区レベルのチームにおいて、個々人の年齢や性別などの対象に合わせた技術指導等にあたる。

JBA公認E-1級コーチ

チームにおいて、基礎的な指導にあたる。

JBA公認E-2級コーチ

チームにおいて、チームの引率にあたる。