審判ライセンスの更新について

継続(更新)登録手続きを行った審判員は、当該年度の審判活動を行うにあたり、まず「更新講習」を受講します。
更新講習は、保有するライセンス技能の維持向上のための学びであり、最新の情報を確認したうえで審判活動を行う準備になります。できるだけ早い時期の受講が必要です。

●更新講習に合格することでライセンスの有効期間が延長(更新)されます。
●更新講習は、継続(更新)登録をした審判員(更新者)のみの受講になります。新規取得講習/昇格審査に合格して登録手続きをした方は、そのライセンスの当該年度の更新講習の受講は必要ありません。

1.ライセンス更新講習

*受講料は消費税込み
●S級、A級、B級審判は、毎年度開催される「更新講習」を受講します。
 更新講習に合格すると、さらに1年度(翌年度)の登録が可能になります。

●C級、D級、E級審判は、2年に一度(西暦奇数年度)開催される「更新講習」を受講します。
 更新講習に合格すると、さらに2年度(翌年度、翌々年度)の登録が可能になります。

2.更新講習受講フロー

①はじめに、当該年度の登録手続きを行います。
 ※全てのライセンスが毎年度の登録手続きを行います。

・登録手続き期間:3月25日(木)~6月30日(水)(厳守)

②登録手続き完了後、B級、C級、D級、E級審判は、各ライセンスの【更新講習(eラーニング)】に申し込み、受講します。
・受付開始:4月1日(木)から
・受付終了:6月30日(水)まで(厳守)
・受講可能期間:申込日から30日間

<講習会の申し込み方法>
講習会/研修会の申込方法

<eラーニングの受講方法>
eラーニングの受講


※S級、A級審判は集合研修になります。


③更新講習(eラーニング)に合格後、【都道府県協会実技講習会】に申し込み、受講します。(E級は実技講習なし)
実技講習会の開催日程は、各都道府県協会のホームページよりご確認ください。

都道府県協会・ブロック協会


【S級、A級、B級】
【C級、D級、E級】
●ライセンス保有者は、そのライセンスの更新講習を修了(合格)し、ライセンスレベルを認められた場合に「昇格審査」を受講することができます。
●当該年度内に、更新講習科目を全て修了(合格)しない場合は、次年度の同ライセンスの継続(更新)登録は認められません。
未修了科目がある場合、以下の通りとします。
【B級以下】 ・eラーニング未受講:次年度ライセンス失効(新規取得として取り直し)
      ・eラーニング、あるいは実技、フィットネステスト不合格:次年度1ランク降格
  例)B級でフィットネステストに合格しなかった
 →次年度はC級登録となり、改めてB級昇格審査(eラーニング、実技、フィットネステスト)を受講する。

3.次年度の継続更新について

更新講習を修了(合格)した方は、次年度の登録手続き期間に、ライセンスの「継続(更新)登録」を行うことができます。
登録手続きについては、年度末(3月)に別途ご案内させていただきます。