JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

指導内容資料

JBAでは選手を一気通貫で育成・強化していくために指導内容を整理致しました。
これまでは表として示すのみでありましたが、基本技術・個人戦術・プレー戦術の段階を示し、対応する映像を掲載しています。
選手の習熟度を考慮した指導を行っていただく一助としていただければ幸いです。

1. 習熟度別指導内容

習熟度別指導内容

男女プレーヤーが16歳頃までに習得すべき、基本技術からプレー戦術の基礎までの内容が掲載されています。指導者の方に是非とも知って頂きたい考え方・内容となります。

育成センター指導内容

習熟度別指導内容から各世代のモデル例を精選して、育成センターにおける全5回の練習プログラム案が U12、U14、U16 とカテゴリー別に掲載されています。パワーポイント形式で、画像や動画を用いてまとめています。

LTAD(Long Term Athlete Development・選手を育てる考え方)

LTAD(Long Term Athlete Development・選手を育てる考え方)はバスケットボールのみならずスポーツ競技者を育成するモデルとして世界で用いられている考え方です。LTAD の理論をバスケットボールに応用し、日本をバスケットボールで元気にするための選手育成指針「Basketball for Life(B4L)」としてまとめています。