JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

「FIBA 3×3 ウーマンズシリーズ 2019 雄安大会」 3×3 女子日本代表B (U23) が中国を破り、金メダル獲得 ― 準決勝で中国に敗れた女子日本代表Aは4位に ―

2019年8月23日

優勝した3x3日本代表チームB (U23) の選手たち

大会に参加した3x3日本代表チーム全員で

 当協会 (JBA) は、東京2020東京オリンピック競技大会へ向け、3×3 日本代表チームの継続的な強化に取り組んでおります。このたび、その強化活動の一環として、2019年度 3×3 女子日本代表チームは、昨日より中国・雄安市にて開催されておりました 「FIBA 3×3 ウーマンズシリーズ 2019 雄安大会」に2つのチームを派遣し、出場しておりましたが、U23世代で編成した 3×3 日本代表チームB (U23) が決勝で中国を破り、金メダルを獲得いたしましたので、以下のとおり、お知らせいたします。
 なお、日本代表チームAは、準決勝で敗れて4位に終わり、メダル獲得はなりませんでした。

 たくさんのご声援、ありがとうございました。

■「FIBA 3×3 ウーマンズシリーズ 2019 雄安大会」大会概要

【日程】
2019年8月22日(木)~8月23日(金)

【開催地】
中国・雄安市

【参加チーム】
○グループA:中国A、日本B (U23)、ニュージーランド、アメリカ
○グループB:中国B (U23)、日本A、タイ、モンゴル
(※アメリカは棄権により不参加。全試合不戦敗扱い)

【試合結果】
※決勝トーナメントのみ (詳細は下記、公式サイトをご参照ください)
○準々決勝 (日本戦)
日本B (U23) ○ 11 – 20 ● タイ
日 本 A  ○ 20 – 10 ● ニュージーランド
○準決勝
日本B (U23) ○ 20 – 11 ● 中国B (U23)
日 本 A  ● 13 – 17 ○ 中国A
○決勝
日本B (U23) ○ 22 – 8 ● 中国A

<最終順位>
優勝:日本B (U23)
2位:中国A、3位:中国B (U23)、4位:日本A

■大会後コメント

○ 3×3 日本代表チーム ロイブル トーステン ディレクターコーチ
「日本チームは、今大会に2チームの参加が認可されました。その結果、8名の選手を国際大会に参加させられる機会を得ました。期待通り、両チームともに準決勝まで進出できました。
 決勝戦で世界チャンピオンの中国に、U23代表チーム(チームB)が勝利したことは誇りに思い、日本が3×3世界のパワーハウスになったことを証明しました。この結果により、来年のオリンピックへの道のりで、今後残っている問題解決に向け、しっかり対処できるモチベーションを与えていただいたものと思います。今後、残された時間で、しっかりとチームを作っていきたいと思います」

○ 3×3 女子日本代表チームB (U23) 田中 真美子 選手 (富士通 レッドウェーブ)
「ウーマンズシリーズというトップレベルの大会に出場する機会をいただけたこと、そして優勝することができたことが、素直にとても嬉しかったです。一方で、ハイレベルな戦いの中で自分の課題が多く明確になり、もっともっと頑張らなければならないと痛感しました。この経験を無駄にせず、しっかりと次に活かしていきたいです。
 また、コートでたくさん支えてくれ、優勝に導いてくれたチームメート、コーチ、スタッフの皆さん、応援してくれた方々に感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました!」

○ 3×3 女子日本代表チームB (U23) 西岡 里紗 選手 (三菱電機 コアラーズ)
「優勝を果たすことができ、素直にすごく嬉しいです! 今大会は十分な準備時間があったわけではありませんでしたが、コミュニケーションをとっていろいろなバリエーションのプレーを作ることもできたし、それぞれのプレーの精度もすごく上がっていて、それがマッチした結果だと思います。ディフェンスでもトランジションプレッシャーや全員で助け合いながら守っていくチームらしさも見え、先日の合宿で練習したことが出せたと思います。
 しかし、他のチームもベストコンディションではなかったはずですし、自分たちにもまだ修正すべきところがあります。この優勝に満足することなく、東京オリンピックまでさらなる高みを目指して頑張っていきたいと思います!
 日本から応援してくださった皆さんの声援と、違うカテゴリーで頑張っている3×3メンバーの活躍がとても力になりました! 応援ありがとうございました!!」

○ 3×3 女子日本代表チームB (U23) 宮下 希保 選手 (アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス)
「急遽チームを編成して大会に参加した形でしたが、試合を重ねるにつれてチーム内でのコミュニケーションも増え、それぞれの個性が出せた大会になったと思います。今回の優勝に満足せず、これからもっと成長していきたいです。
 そして、今回こういったチャンスをいただけたことも、決して当たり前のことではないことを忘れずに感謝をし、これからもますます頑張っていきたいです。ありがとうございました」

○ 3×3 女子日本代表チームB (U23) 山本 麻衣 選手 (トヨタ自動車 アンテロープス)
「優勝できたことは素直に嬉しいです。最初はタイミングが合わなかったり、ミスコミュニケーションがあったりもしましたが、試合を重ねるごとに修正していけたと思います。スカウティングなど、スタッフさんの力があっての結果です。決勝の中国に対してはチームAの敗戦から学ぶことができての勝利で、チームジャパンとして戦えたと思います。
 個人的には、初日はシュートが全然入りませんでしたが、みんながリバウンド拾ってくれて打たせてくれたので思い切って打ち続けることができ、決勝などの大事な場面で決められました。今大会は一人ひとりの良いところをうまく出せたと思いますが、小さな修正点もまだたくさんあるので、オリンピックまでにそれをどれだけ修正できるかが、今後の課題です。
 日本からたくさんの応援ありがとうございました」

***

○ 3×3 女子日本代表チームA 篠崎 澪 選手 (富士通 レッドウェーブ)
「結果よりも上の順位を目標にしていただけにすごく悔しい気持ちです。今大会、私が参加したチームAにおいては、目指している日本のバスケが徹底できず、終始相手に主導権を握られてしまう試合が多くありました。日本の武器である早いトランジション、正確なシュート、タイトなディフェンスを1試合通してできなければ世界とは戦えないと改めて感じています。今大会の結果をしっかり受け止め、反省・改善し、次への準備をしていきたいと思います」