JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

第17回Wリーグ(WJBL) JX-ENEOSサンフラワーズがファイナル3勝1敗で、8年連続19回目の優勝

2016年3月16日

JX-ENEOSサンフラワーズが8年連続19回目の優勝

プレーオフMVPは吉田 亜沙美選手が受賞(JX-ENEOSサンフラワーズ #0)

 2015年10月9日に開幕した「第17回Wリーグ(WJBL)」は、昨日、プレーオフ・ファイナル第4戦が行われ、JX-ENEOSサンフラワーズが富士通 レッドウェーブを75-66で下して通算成績を3勝1敗とし、8年連続19回目の優勝で幕を閉じました。
 なお、JX-ENEOSサンフラワーズは、今年1月に行われた皇后杯と合わせてシーズン2冠を達成しました。
 プレーオフMVPには、JX-ENEOSサンフラワーズの吉田 亜沙美選手が選出されました。
 つきましては、最終成績は下記の通りです。

 
■第17回Wリーグ 最終成績

優 勝 JX-ENEOSサンフラワーズ ※8年連続19回目
準優勝 富士通 レッドウェーブ

 
■第17回Wリーグ 表彰者一覧

■アウォード
【プレーオフMVP】

 吉田 亜沙美 (JX-ENEOS #0)
【レギュラーシーズンMVP】
 渡嘉敷 来夢 (JX-ENEOS #10) ※2年連続3回目
【コーチ・オブ・ザ・イヤー】
 佐藤 清美 (JX-ENEOS) ※4年連続4回目
【ルーキー・オブ・ザ・イヤー】
 赤穂 さくら (デンソー #12)
【BEST5】
 G 吉田 亜沙美 (JX-ENEOS #0) ※2年ぶり4回目
 GF 本川 紗奈生 (シャンソン化粧品 #6) ※2年連続2回目
 F 山本 千夏 (富士通 #15) ※初
 CF 渡嘉敷 来夢 (JX-ENEOS #10) ※4年連続5回目
 C 間宮 佑圭 (JX-ENEOS #21) ※3年ぶり2回目
【レフリー・オブ・ザ・イヤー】
 渡邊 整 ※初

■リーダーズ
【得点】

 髙田 真希 (デンソー #8) 計 385点 / Avg.19.25点 ※2年ぶり4回目
【アシスト】
 吉田 亜沙美 (JX-ENEOS #0) 計 147本 / Avg.7.35本 ※2年ぶり3回目
【リバウンド】
 髙田 真希 (デンソー #8) 計 206本 / Avg.10.30本 ※2年ぶり2回目
【スティール】
 渡邉 亜弥 (三菱電機 #45) 計 62本 / Avg.3.10本 ※初
【ブロック・ショット】
 渡嘉敷 来夢 (JX-ENEOS #10) 計 48本 / Avg.2.40本 ※4年連続5回目
【フィールドゴール成功率】
 渡嘉敷 来夢 (JX-ENEOS #10) 159/253本 62.85% ※2年連続2回目
【フリースロー成功率】
 間宮 佑圭 (JX-ENEOS #21) 85/96本 88.54% ※初
【3ポイントシュート成功率】
 佐藤 梓 (富士通 #8) 20/37本 54.05% ※初

※得点、アシスト、リバウンド、スティール、ブロック・ショットは、平均(Avg.)で、フィールドゴール、フリースロー、3ポイントシュートは成功率(%)で表彰します。