JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

ウインターカップ2017 大会協賛各社決定のお知らせ

2017年12月14日

「ウインターカップ2017 平成29年度 第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会」は12月23日(土・祝)より東京体育館で開催!

 今月末、12月23日(土・祝)から29日(金)の期間、東京体育館(東京都渋谷区)において、「ウインターカップ2017 平成29年度 第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会」を開催いたします。

 インターハイ、国体とともに高校バスケットボール界の三大タイトルである本大会は、高校最後の王座を争う大会と位置づけられており、日本代表などで活躍する選手を数多く輩出しています。また、今回より、夏季に行われていた全国高等学校選手権大会を、冬のウインターカップへ移行し、高校バスケットボール界の最高峰の大会として開催いたします。なお、大規模な改編は来年度以降からとし、今年度については従来の選抜優勝大会から選手権大会へ大会名称を変更したうえで、男女各50校が日本一を目指して熱戦を繰り広げます。

 この度、今大会にご協賛いただく協賛各社が決定しましたので、下記の通りお知らせいたします。

 
■ウインターカップ2017
 平成29年度 第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会 大会概要

【主催】
公益財団法人日本バスケットボール協会
公益財団法人全国高等学校体育連盟
朝日新聞社
日刊スポーツ新聞社

【後援】
スポーツ庁

【主管】
公益財団法人日本バスケットボール協会
公益財団法人全国高等学校体育連盟バスケットボール専門部
一般社団法人東京都バスケットボール協会
東京都高等学校体育連盟バスケットボール専門部(男女)

【協賛】
株式会社ナイキジャパン
JXTGホールディングス株式会社
JXTGエネルギー株式会社
株式会社モルテン
株式会社 明治
三井不動産株式会社
カシオ計算機株式会社

【開催期間】
2017(H29)年12月23日(土・祝)~29日(金)

【会場】
東京体育館 (所在地:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1-17-1)

【競技方法】
男女各50チーム参加によるトーナメント

 
■大会協賛社 会社概要

社   名 株式会社ナイキジャパン
代 表 者 ゼネラルマネージャー クリストフ・メルケル
本社所在地 東京都港区赤坂9丁目7番1号 ミッドタウンタワー
設立年月日 1981年(昭和56年)10月1日
ホームページアドレス http://www.nike.com/

◆大会オフィシャルサプライヤーとして、大会期間中会場内にて特設ブースを設け、大会名称およびロゴマークを使用した公式記念グッズの販売を行います。

社   名 JXTGホールディングス株式会社
代 表 者 代表取締役社長 内田 幸雄
本店所在地 東京都千代田区大手町一丁目1番2号
設立年月日 2010年(平成22年)4月1日
ホームページアドレス http://www.hd.jx-group.co.jp

社   名 JXTGエネルギー株式会社
代 表 者 代表取締役社長 杉森 務
本店所在地 東京都千代田区大手町一丁目1番2号
設立年月日 2010年(平成22年)7月1日
ホームページアドレス http://www.noe.jx-group.co.jp/

◆JXTGグループは1996年からウインターカップに協賛し、高校生バスケットボールを応援しています。また、当グループは社会人女子バスケットボール部「JX-ENEOSサンフラワーズ」を有しており、ウインターカップ出場経験のある選手が多数在籍しています。大会期間中は会場の一角にサンフラワーズエリアを設け、現役選手によるトークショーなどのイベントを通じて大会を盛り上げ、バスケットボールの振興と発展を図ってまいります。

社   名 三井不動産株式会社
代 表 者 代表取締役社長 菰田 正信
本店所在地 東京都中央区日本橋室町2丁目1番1号
設立年月日 1941年(昭和16年)7月15日
ホームページアドレス http://www.mitsuifudosan.co.jp/

◆JBA協賛社としてウインターカップを応援しています
女子日本代表の協賛社として国際強化試合「三井不動産 BE THE CHANGE CUP」を開催するなど、世界へ飛躍する選手たちを、さまざまなカタチでサポートしています。将来の代表選手を目指す高校生の大いなる活躍を期待しています。

社   名 株式会社モルテン
代 表 者 代表取締役社長 最高経営責任者 民秋 清史
本社所在地 広島市西区横川新町1番8号
設立年月日 1958年(昭和33年)11月1日
ホームページアドレス http://www.molten.co.jp/

◆大会公式球として「GL7X/GL6X」を採用
日本バスケットボール協会(JBA)主催の高校生の大会では、これまで単色8枚パネルのボールが公式球として採用されてきましたが、今大会では初めて2色12枚パネルのボールが使用されます。「GL7X」「GL6X」は国際バスケットボール連盟(FIBA)が主催する国際大会においても、唯一の公式試合球として使用されています。

社   名 株式会社 明治
代 表 者 代表取締役社長 川村 和夫
本社所在地 東京都江東区新砂一丁目2番10号
設立年月日 1917年(大正6年)12月21日
ホームページアドレス http://www.meiji.co.jp/

◆「ザバス」商品の提供を通じた出場チームサポート
目標に挑み続けるアスリートたちをサポートするため、スポーツ栄養学に基づいて開発されたザバス。国内生産で高い品質を誇るザバスのプロテインは、国内売上No.1(※)の実績を持ち、トップアスリートをはじめとして、多くのスポーツパーソンに愛用頂いています。
(※)インテージSDI プロテイン市場 2014年1月-2017年6月 ブランド別累計販売金額

社   名 カシオ計算機株式会社
代 表 者 代表取締役社長 樫尾 和宏
本社所在地 東京都渋谷区本町1-6-2
設立年月日 1957年(昭和32年)6月1日
ホームページアドレス http://casio.jp/

◆商品情報 【G-SHOCK】
時計にタフネスという新たな概念を築き上げたG-SHOCK。
すべては、落としても壊れない時計をつくるという開発者の熱き信念、当時の常識を覆す、無謀ともいえる挑戦から始まりました。
1981年、プロジェクトチーム・タフを結成。200を超える試作を繰り返し、
約2年にも及ぶ歳月が費やされて完成したのが、タフの中核を担うテクノロジー、耐衝撃構造です。
以来G-SHOCKは、構造、素材、機能、あらゆる面からさらなるタフを追い求めて、終わりなき進化を続けてきました。
2017年8月、世界累計出荷本数1億本達成。
あくなき挑戦を続けるタフネスウオッチG-SHOCK。