JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

ハヤブサジャパン 平成27年度女子日本代表チーム 第4次強化合宿(オセアニア遠征) 練習試合第3戦結果

2015年8月1日

FIBAランキング2位のオーストラリア代表を76-75の1点差で撃破

ハヤブサジャパン 女子日本代表チームは次の渡航地、ニュージーランドへ

 本年8月29日(土)より中国・武漢にて開催される「第26回FIBA ASIA女子バスケットボール選手権大会(2016年リオデジャネイロオリンピック アジア地区予選)」に向けて強化を図っております、ハヤブサジャパン 平成27年度バスケットボール女子日本代表チームは、現在、オーストラリアで遠征を行なっています。
 遠征7日目、ハヤブサジャパン 平成27年度バスケットボール女子日本代表チームは、8月15日に開幕する2016年リオデジャネイロオリンピック オセアニア地区予選を控えたオーストラリア代表チームと練習試合第3戦(最終戦)を行いました。
 つきましては、下記の通り試合結果をお知らせいたします。

 
■ハヤブサジャパン 平成27年度バスケットボール女子日本代表チーム 
 練習試合 第3戦結果

日本(1勝2敗) ○ 76-75 ● オーストラリア(2勝1敗)
(21-22, 17-15, 18-19, 20-19)

 序盤から、日本は本川選手が積極的にゴールアタックし、鋭いドライブで得点を挙げます。オーストラリアに先行されながらも、ベンチスタートの山本選手が3Pシュート、フリースローで応戦し、一進一退の攻防に。その後もアウトサイド陣がスピードに乗ったドライブを次々と仕掛け、オーストラリアのディフェンスを翻弄し、間宮選手のインサイドやジャンプショットと内外バランス良く得点を重ねます。38-37、日本が1点リードで前半終了。

 後半に入ると、立ち上がり、吉田選手と高田選手のドライブインでの連続得点、栗原選手の3Pシュートも決まり、第3ピリオド残り4分15秒には54-44と10点のリードを奪います。しかしオーストラリアも黙っておらず、そこから怒涛の攻撃を許して56-56、同点で最終ピリオドへ。第4ピリオド序盤、オーストラリア#5Lavey選手の3Pシュート、ポイントゲッター#23Tablotの連続得点で追う展開となってしまいますが、ここで三谷選手が連続3Pシュートを沈め、流れを渡しません。その後、点の取り合いとなる中、好調な間宮選手、本川選手、高田選手の得点でリードを保ち、試合を進めていきます。しかし残り18秒、相手のオフェンスリバウンドから3Pシュートを許し、74-75と逆転をされ日本タイムアウト。再開後、本川選手が鋭いドライブでインサイドに切り込みレイアップシュートをねじ込み、再逆転に成功。残り1秒でオーストラリアのセットプレイを凌ぎ、最終スコア76-75でオーストラリア代表に勝利しました。

 オーストラリア代表と3戦行い、1勝2敗で終了。8月1日(土)に次の渡航地、ニュージーランドに移動し、ニュージーランド代表と練習試合を行います。

 
■第4次強化合宿(オセアニア遠征)
日 程:平成27年7月23日(木)~8月10日(月)
渡航地:オーストラリア・メルボルン
    ニュージーランド・クライストチャーチ

※7月23日(木) 味の素ナショナルトレーニングセンター
※7月24日(金)~8月1日(土) オーストラリア(オーストラリア代表と練習試合を実施)
※8月1日(土)~10日(月)  ニュージーランド(ニュージーランド代表と練習試合を実施)