JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

バスケットボール男子日本代表チーム 東アジアバスケットボール選手権大会2017 直前強化合宿② 開催報告

2017年5月31日

チームのムードメーカーであるアイラ・ブラウン選手の豪快なダンクシュートは東アジア選手権でも必見

初代B.LEAGUEチャンピオンに輝いた栃木ブレックスの竹内 公輔選手

 「AKATSUKI FIVE」バスケットボール男子日本代表チームは、5月23日(火)~30日(火)までの期間、味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)にて、まもなく6月3日(土)より長野市真島総合スポーツアリーナ(通称:ホワイトリング)で開幕する「東アジアバスケットボール選手権大会2017」へ向けた直前強化合宿②を実施しました。

 B.LEAGUEは栃木ブレックスが初代王者の栄冠を手にし、ファーストシーズンが終了。日本代表選手たちは喜びに浸ることも、悲しみに暮れる暇もなくファイナルの翌日に集合し、休む間もなく最終調整に勤しんでいます。ファイナルまで戦い抜いた選手たちは約2週間遅れでの合流となりました。竹内 公輔選手(栃木ブレックス)は、「チームとしてもう出来上がっていると感じました。後から入って行く分には雰囲気も良く、問題ないです。ただ2週間のブランクは思っていたよりも長く、もう少し切り替えには時間がかかりそうです。でも、試合までには必ず間に合わせます」と経験豊富なベテランらしく照準を合わせ、日本代表仕様にコンディションを仕上げています。

 B.LEAGUEチャンピオンシップの結果により、選手が徐々に増えていく状況だったこの2週間、ルカ・パヴィチェヴィッチ ヘッドコーチは、「悔しさや疲労感がありながらも、一人ひとりが素晴らしいモチベーションで合宿に参加してくれています。しかし、合宿当初はメンバーが少なくどうやって練習を組み立てるべきかが難しかったです」と集中して強化ができない状況に苦労しました。アイラ・ブラウン選手も同じように感じていましたが、「ようやくフルメンバーが集まって練習できることがうれしいです」とさらにチームを盛り上げ、練習に励んでいます。

 昨年12月からパヴィチェヴィッチ ヘッドコーチの下、月1回の合宿を継続しながら、世界レベルへと引き上げるために高いスタンダードの確立を行なってきました。比江島 慎選手(シーホース三河)は、「シーズン中から練習してきたので、すぐにルカコーチのバスケに切り替えができています。みんなの動きも分かってきましたし、僕の役割も把握できてきたので、80~90%ぐらいまで仕上がっています」と自信を持っています。

 B.LEAGUEで優勝できるのはたった1チームしかありません。敗れた直後に、合宿に参加することになった選手たちでしたが、「もうやらなければいけないこと。特に日本代表で成功したいという気持ちが強いので、気持ちの切り替えは早くできました」とブラウン選手。比江島選手は、「自分でもビックリするぐらい切り替えられているので大丈夫です」と前向きに取り組んでおり、リーグ戦の悔しさを日本代表の力に変え、東アジア選手権にぶつけていきます。

 昨今、北海道札幌市で行われた国際強化試合は、その名の通り練習試合でした。公式戦となる国際大会が日本で開催されるのは、2012年に大田区総合体育館で行われた「第4回FIBA ASIAカップ」(準優勝)以来となります。この時は翌年のFIBA ASIA選手権(現:FIBA ASIAカップ)の出場枠を確保するだけの大会でした。次の大会につながる予選ラウンドとしては、(男子は)2009年にパークアリーナ小牧で行われた今回と同じ東アジア選手権まで遡らなければなりません。

 パヴィチェヴィッチ ヘッドコーチは、 「公式戦は1試合も無駄にできず、FIBAランキングやオリンピック出場にも関わってきます。1試合1試合強い気持ちで戦い、一つ一つ積み上げながら日本はさらに向上していかなければなりません」と話しており、これまで強化してきたことの集大成をお見せし、初優勝を目指します。

 6月3日(土)15:00に行われる開幕戦の相手は韓国。
 なかなか公式戦が行われる機会はありませんでしたが、今年11月からホーム&アウェイで行われる「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」への出場権を懸けた戦いが待っています。悲願の東京オリンピック出場を目指すためにも大事な真剣勝負であり、ファンの皆様の力が必要です。その第一歩となる東アジア選手権では、シーズン中から選手たちが努力し、バージョンアップした「AKATSUKI FIVE」男子日本代表チームを姿を披露します。ぜひホワイトリングで、ともに戦いましょう。

 大会当日は、開場時間の30分前より試合終了後まで、長野駅東口から会場までシャトルバスを運行します(片道:大人300円、子ども150円)。また、観戦チケットはローソンチケットをはじめ、各種プレイガイドにて絶賛発売中。皆さまのご来場をお待ちしております。