JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

平成29年度男子日本代表チーム 前日公式練習 開催報告 ‐いよいよ明日、「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 1次予選」が開幕‐

2017年11月23日

決戦に間に合わせるように戻ってきた田中 大貴選手(アルバルク東京)

日本代表デビュー戦を楽しみにしている宇都 直輝選手(富山グラウジーズ)

 いよいよ明日11月24日(金)、「AKATSUKI FIVE」男子日本代表にとっての「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 1次予選」が開幕します(世界的には本日よりスタートしました)。本日発表されたとおり、フリオ・ラマスヘッドコーチはスタッフ陣とともに「この2試合に向けたベストなチームを作るための12人」が選ばれ、明日のフィリピン戦と、11月27日(月)にアウェーで行われるオーストラリア戦に挑みます。

 本日は会場となる駒沢体育館での前日公式練習が行われました。エースの#6 比江島 慎選手は、「自分の仕事はペイントエリアにアタックすることと、しっかりと得点を取ることです。チームが苦しいときにこそ得点を挙げていきたいです。チームとしては相手がやりたいバスケットボールをやらせないことが第一の目標です。オフェンスよりもディフェンスでしっかり入って、リズムを掴めば戦える相手でもあるので、そこはしっかりやっていきたいです。」と集まったメディアの質問に答え、万全な準備ができたようです。

 フィリピンのロスターも確定し、ラマスヘッドコーチは「フィリピンは強力なオフェンスがあるチームであり、カウンターアタックと3Pシュートがよく入ります。注意すべきはジェイソン・ウィリアム選手とアンドレイ・ブラッチ選手であり、彼らは自ら打破して得点力に優れています。短い時間でも大量得点できる危険なチームです」とその特長を挙げました。14年間勝っていない格上の相手ではありますが、「それでも自信を持ってコート上では勝利に向かって挑む気持ちが重要です。選手自身が歴史を変えようというメンタリティの強さが必要です」と選手たちに発破をかけます。「自分たちのプレイを信じ、魂を置いてくるような気持ちで全力を尽くして戦わなければなりません」と力強く話すとともに、日本代表のユニフォームを勝ち獲った12名は、「もう言い訳することなく、全力を出し切るだけ。良いコンディションと良い準備はできていますので、明日はしっかり勝ちたいです」と闘志を燃やしています。

 12名の中で初選出された#11 宇都 直輝選手(富山グラウジーズ)は「楽しみです」と決戦の日を待ち焦がれています。「得意なトランジションに持ち込んで速い展開を目指したいです。積極的にゴールへアタックしながらシューター陣を生かすことができれば良いと思っています」と抱負を述べ、日本代表デビュー戦でチームに勢いを与えてくれる活躍に期待しましょう。

 フィリピンとの対戦が初めてという#2 富樫 勇樹選手(千葉ジェッツ)も、「映像でしか見たことがないのでイメージもあまりないですが、楽しみの方が強いです」と頼もしいコメントが返ってきました。悔しい思いをしたFIBA ASIAカップ2017での韓国戦。「あのときに誰でも良いから2点でも4点でもシュートを決められていれば、あそこまで流れを持って行かれることもなかったと思います」と、富樫選手は第4ピリオドに一気に離された状況を振り返ります。そのときの反省点を踏まえ、「得点することを意識するとともに、恐がらずにシュートを打つようにも心がけてきました。この予選でも同じような時間帯に、個人の力で打開することが必要なときもあると思います。そういうときに少しでも助けられるようにしたいです」とBリーグを通じてレベルアップに努めてきました。

 Bリーグで負傷した#24 田中 大貴選手(アルバルク東京)でしたが、「24日の試合に合わせてコンディションも調整してきたつもりですし、できる限りの準備はしてきました」と、最終メンバーに選ばれるまでに回復し、ロスター入りを果たしています。ラマスヘッドコーチも、「古川(孝敏/琉球ゴールデンキングス)、富樫、比江島、田中の4人が私が求めるシステムの中で核となる選手」として名前を挙げ、古川選手と田中選手の復帰は日本にとっては朗報です。合わせて、「選手それぞれに重要な役割があります。チーム全員で戦わないと勝つことはできません」とも話しており、選ばれた12名が一丸となって強敵フィリピン戦での勝利を目指します。

 「オリンピックに出るためにもFIBAワールドカップで結果を残さないといけないですし、それが絶対条件だと思っています。これから始まる試合はFIBAワールドカップ予選ですが、その先のオリンピック出場を懸けた戦いでもあることは選手全員の頭の中に入っています」と言う富樫選手。比江島選手も「大事な一戦であることは選手全員が分かっています。また、明日の試合から東京オリンピックにつながる大会が始まることは常々思っています。明日は特別な一戦です」と気を引き締め、東京オリンピックへつながる戦いが幕を開けます。

 今回よりホーム&アウェー開催となったことで、多くのファンの皆さんとともに戦うことができます。既に満員が確実となっている駒沢体育館で、勝利に向かって選手たちの背中を後押しをお願いいたします。
 また、会場に来られない方々も「フジテレビ地上波」やCS放送「フジテレビONE」での生中継、また「スポナビライブ」と「DAZN(ダ・ゾーン)」にてLIVE動画配信されますので、「AKATSUKI FIVE」男子日本代表チームへご声援をよろしくお願いいたします。