JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

【ロンドン2012パラリンピック特集】 ハヤテジャパン 藤本 怜央選手

2012年8月29日

 8月29日(水)にイギリス・ロンドンで開幕する“パラリンピック”へ出場する車椅子バスケットボール男子日本代表チーム「ハヤテジャパン」
 日本初参加となった1964年東京パラリンピック以来、11大会連続出場中の車椅子バスケットボール男子日本代表チーム。これまでの最高成績は1988年ソウル大会、そして前回2008年北京大会の7位。強化合宿や海外遠征を重ねてきたハヤテジャパンの目標は、準々決勝の壁を乗り越えベスト4進出。さらにメダル獲得を目指します。
 宮城MAXが中心となり、さらに北京パラリンピック経験選手も多く、長い年月をともに過ごした分、チームワークは抜群。スピードを活かした疾風(ハヤテ)の如く、世界の強豪に立ち向かいます。
 ハヤテジャパンを率いる岩佐 義明ヘッドコーチ、日本代表12名全選手のロンドンパラリンピックへ向けた意気込みをご紹介します。

#15 藤本 怜央選手 (宮城MAX) クラス4.5/28歳

パラリンピック出場歴:2008年北京大会、2004年アテネ大会

─ 前回の世界選手権で得点王となったことで、このロンドンパラリンピックでは厳しいマークに合うことが想定されますが、どのような戦いになると思いますか?
 2年前の世界選手権で得点王を獲ったことで、その後の海外との試合はかなりマークされるようになったと実感しています。その中でも自分は得点を獲ることが仕事ですし、チームメイトからもシュートに関する信頼を得ているという自信はあります。自分を起点にチームがリズムに乗るためにも、積極的に得点に絡んでいきたいです。また、今の日本代表は僕以外でも香西選手や増渕選手、白丸選手、ローポインターですが藤井選手などが確率よくシュートを決められるバスケットに変わりつつあります。シュート本数を減らしながらも、70%以上の確率で決めることが自分の目標です。今まではリバウンドとシュートにフォーカスしてプレイしてきましたが、今回はアシストも増やして、チームメイトがシュートに絡めるように、ボールを持たないところのプレイを積極的に取り組んでいます。チーム全体で60~65点以上を挙げるオフェンスができれば、結果はついてくると思います。

─ 強化遠征ではパラリンピックの予選リーグ同グループと対戦する中、勝てない試合が続きましたが、その遠征を踏まえて今のチーム状況はどう見えていますか?
 今年に入り海外遠征が増え、自分たちは当然勝ちにいくバスケットを目指していましたが、勝てませんでした。しかし、負けた試合から得ることがすごくあり、結果は伴いませんでしたが収穫はものすごく多かったです。そこで得たいろんな材料がある中で、自分たちのミスを少しでもなくしてロンドンで勝てば良いと思っています。そのためにもこの角田合宿は本当に大切な期間ですし、海外遠征で負けはしましたが何も意味がないとは誰も思っていません。海外遠征を続けて来たことが、ロンドンで必ずプラスの結果につながるとチーム全員が確信しています。

─ 前回の銀メダリストであるカナダとの対戦からパラリンピックは幕開けしますが、予選リーグはどのような戦いを想定していますか?
 予選ラウンドの初戦でカナダと対戦することはプラスに考えています。リーグ戦ですので、カナダ戦は結果を重視するよりも良い内容の試合をすることを心がけています。予選ラウンドのどこで勝負を賭けるかを考えた時に、カナダ戦で自分たちのコンディショニングやモチベーションを把握し、できなかった点はしっかり修正して、その後の試合でしっかりと勝ちながら日を増すごとに質を上げていき、予選ラウンド最終戦のイギリス戦を勝って1位または2位通過を狙うというシナリオを思い描いています。イギリスに関しては、ヨーロッパ遠征から最後のオーストラリア遠征にかけて、かなり日本を分析してきていますし、警戒していると感じています。

─ ロンドンパラリンピックでも得点王は狙っていきますか?
 当然です。僕自身が結果を残すことで、チームは強くなると思います。僕も点を獲ることでコンディションやモチベーションが高まって行きますので、目標は高く、世界でも点を獲りまくりたいです。

─ ロンドンパラリンピックへの意気込みを!
 メダル獲得が目標ではありますが、これまでの最高位である7位を超える世界ベスト4以上を目指します。準決勝のメダルラウンドに入った時に何とか勝ち進んで、より輝くメダルを何とか持ち帰ってきたいです。