JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

女子日本代表:「FIBA女子ワールドカップ2018」を前に、チャンピオンのアメリカをはじめとした世界トップ5と対戦する最終遠征へ出発

2018年9月4日

髙田真希キャプテンをはじめとした経験者がゲームを作り、若い選手たちが勢いづけて、メダル獲得を目指すAKATSUKI FIVE女子日本代表チーム

アメリカ〜スペイン遠征を経て、「もう一つ上にステップアップしなければいけない」という宮澤夕貴選手

 9月22日(土)よりスペイン・テネリフェ島で開幕する「FIBA女子ワールドカップ 2018」でのメダル獲得を目指すAKATSUKI FIVE 女子日本代表チーム。最終調整となる海外遠征の最初の地であるアメリカへ向け、14名のメンバーが本日9月4日(火)に旅立ちました。

 カナダ代表を相手に2連勝した「女子日本代表国際強化試合2018 三井不動産カップ」を終えたあと、2度にわたる国内強化合宿を実施。「日本のオフェンスはものすごく動きますし、世界を見渡してもそんなチームはないです。チーム内での5on5では、大会を想定したディフェンスの練習がなかなかできません。ライバルたちはセットプレーを多用してきますので、相手を想定しながら細かいディフェンスの確認が必要でした」とトム・ホーバスヘッドコーチが言うように、最後の国内合宿では本番へ向けた確認作業に時間をかけていました。

 4月から強化合宿をスタートさせてから、FIBAランキング13位の日本はベラルーシ(同12位)、中国(同10位)、スペイン(同2位)、カナダ(同5位)といったランキング上位チームであり、FIBA女子ワールドカップ出場国と練習試合を重ねてきています。これからはじまるアメリカ遠征では、全米女子プロバスケットボールリーグWNBAの選手たちを加えたカナダ、さらに世界1位のアメリカとの対戦が控えています。そのまま開催地となるスペインに入り、開幕戦の相手であるスペインと直前に対戦するとともに、中国かオーストラリア(同4位)との練習試合も予定されています。

 世界ベスト5チームと次々と対戦していくことで、「必ずレベルアップにつながります。今年は若いチームなのでみんなが挑戦したい意欲を持っており、相手を恐れているという言葉は聞いたことがありません」とホーバスヘッドコーチは頼もしい選手たちとともに、上位チームとの対戦を楽しみにしていました。

 直前に同グループのスペインをはじめ、メダルを獲得するためにも避けては通れないライバルたちとの対戦は、スカウティングされてしまうのではないかという心配もあります。しかし、ホーバスヘッドコーチは一蹴し、「新しいフォーメーションも多く取り入れているので、相手はスカウティングしにくいと思います。先日、自分たちのフォーメーションを確認しましたが、それだけで2時間近くかかりました」という多くの引き出しを自信とし、世界へ挑みます。

 大会まで3週間を切った現時点において、「今は安定してしまっている感じがしているので、もう一つ上にステップアップして大会には入れるようにしなければいけません」と、リオデジャネイロオリンピックや4年前のFIBA世界選手権(現FIBA女子ワールドカップ)を経験している宮澤夕貴選手(JX-ENEOSサンフラワーズ)は危機感を感じていました。これから強豪国と対戦していくことで、「絶対に壁にぶつかることがあり、それをクリアしていくことがステップアップにつながっていくと思っています。若いチームなので、そのような経験が大事になってきます」と話すとともに、「壁にぶつかっても『ここからだよ』と声をかけ、悪く転がり続けないように止めるのが自分たちの役目です。常に上がり続けられるように、チームを支えていきたいです」と引っ張ってくれています。

 髙田真希キャプテン(デンソーアイリス)は、「若く、経験がない選手も多いですが、スタートで出るメンバーは経験者たちです。自分たちがしっかり第1ピリオドからゲームを作っていき、それに対してフレッシュな選手が入ってどんどん勢いづけてくれることで、良い流れで試合をすることができます」と不安を払拭させるためにも大事な海外遠征です。最後に、あらためてチームの目標をキャプテンに伺いました。

「今年のチームが始動したときからメダル獲得という明確な目標を掲げてきましたので、そこに向かっていくだけです。そのためには予選リーグを突破しなければいけないですし、その中にはスペインがいます。初戦のスペインに勝って勢いをつけて、メダル獲得に向かってがんばっていきたいです」

 14名で日本を発ちましたが、FIBA女子ワールドカップには12名しか登録できません。「今後の遠征でケガ人が出るかもしれませんので、12名を決めるのは大会ギリギリになると思います」というホーバスヘッドコーチ。チーム内での競争を継続させつつ、世界との強豪チームを相手に経験値を引き上げていきます。

■FIBA女子ワールドカップ 2018
期 間:2018年9月22日(土)〜30日(日)
開催地:スペイン(サンタ・クルス・デ・テネリフェ)
出場国:予選グループ
【グループA】韓国、ギリシャ、カナダ、フランス
【グループB】オーストラリア、トルコ、アルゼンチン、ナイジェリア
【グループC】日本、プエルトリコ、ベルギー、スペイン
【グループD】ラトビア、アメリカ、セネガル、中国
http://www.fiba.basketball/womensbasketballworldcup/2018