JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

男子日本代表:FIBAワールドカップ アジア地区 2次予選(Window4)は本日、アウェーでのカザフスタン戦からスタート 

2018年9月13日

2年ぶりとなる日本代表戦に「メチャメチャ楽しみです」と意欲を見せる渡邊雄太選手

「いつかは一緒に日本代表で戦いたい」と話し合っていた渡邊雄太選手と八村塁選手の共演がいよいよ実現

 FIBAワールドカップ出場を目指すAKATSUKI FIVE 男子日本代表チームは、アジア地区 2次予選が本日9月13日(木)よりスタートします。Window4はアウェーでのカザフスタン戦、そして9月17日(月)に大田区総合体育館で行われるイラン戦(※チケット完売)の2試合に臨みます。チームは韓国遠征を経て、9月9日(日)にカザフスタン入りし、試合に向けた準備をしてきました。

 本日9月13日(木)23:00(現地時間20:00)より対戦するカザフスタンはリバウンドが強いチームです。1次予選の6試合中5試合で勝敗は別に、リバウンド数は上回っており、アジア競技大会でも優勝した中国とは41:42本とほぼ互角でした。そのうち18本がオフェンスリバウンドであり、フリオ・ラマスヘッドコーチも警戒しています。
「オフェンスリバウンドは3人ほど人数をかけてアグレッシブに獲りに来ます。我々としてはボックスアウトを徹底し、インサイド陣だけではなくペリメーター陣も含めてしっかり5人でリバウンドを獲りに行かなければなりません。全員が少しでもリバウンドに貢献するよう意識させています。相手のオフェンスリバウンドを9本以内に抑えることが目標です」

 すでに12名のロスターが発表されましたが、この試合よりメンフィス・グリズリーズと2WAY契約を果たした渡邊雄太選手が合流しました。2016年FIBAリオデジャネイロオリンピック世界最終予選以来の日本代表戦に向け、「メチャメチャ楽しみです」と興奮しています。大学時代同様、日本代表でもディフェンスを買われ、攻撃の起点となるエース#13YERGALI Rustam選手とのマッチアップを任されました。

 ラマスヘッドコーチは「何かのスペシャリストではなく、全てのプレーで良いパフォーマンスをしてくれるオールラウンダー」として期待しています。渡邊選手も、「エースを抑えることだけでなく、得点やリバウンドなど全ての部分で日本代表の力になれるようにしなければいけないと考えています」と意気込みを語り、勝利へ向かいます。

 あらためて2次予選の順位を見てみましょう。

■2次予選【グループF】
1位 オーストラリア:5勝1敗(83.3%)勝ち点11(得失点差+133)
2位 イラン:5勝1敗(83.3%)勝ち点11(得失点差+103)
3位 フィリピン:4勝2敗(66.7%)勝ち点10(得失点差-12)
4位 カザフスタン:3勝3敗(50.0%)勝ち点9(得失点差-16)
5位 日本:2勝4敗(33.3%)勝ち点8(得失点差+5)
6位 カタール:2勝4敗(33.3%)勝ち点8(得失点差-57)

 1次予選で同グループだったオーストラリア、フィリピンとの対戦はもうなく、FIBAワールドカップ出場圏内となる3位以上に自力で這い上がることはできず、がけっぷち状態は続いています。オーストラリアに大金星を挙げた日本ですが、まだ2勝しかしておらず現在5位。まずはカザフスタンを倒して4位に浮上し、一つひとつ順位を上げていくだけです。2次予選は各チーム全6試合。FIBAワールドカップ出場圏内は7〜8勝が必要になると予想され、日本は全て勝つ勢いで戦っていかなければなりません。「リーダーシップを少しずつ発揮していきたい」という最年少の八村塁選手(ゴンザガ大学)も気合いを込めます。
「Window4の2試合はFIBAワールドカップ出場へ向けてもすごく大事な試合になります。ここをしっかり勝っていきたいです」

■AKATSUKI FIVE 男子日本代表 カザフスタン戦ロスター

#2 富樫 勇樹(PG / 千葉ジェッツ)
#3 辻 直人(SG / 川崎ブレイブサンダース)
#6 比江島 慎(SG / ブリスベン・ブレッツ)
#7 篠山 竜青(PG / 川崎ブレイブサンダース)
#8 太田 敦也(C / 三遠ネオフェニックス)
#12 渡邊 雄太(SF / メンフィス・グリズリーズ)
#15 竹内 譲次(PF / アルバルク東京)
#18 馬場 雄大(SF / アルバルク東京)
#23 八村 塁(SF / ゴンザガ大学)
#24 田中 大貴(SG / アルバルク東京)
#35 アイラ・ブラウン(PF / 琉球ゴールデンキングス)
#88 張本 天傑(SF / 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

■FIBAワールドカップ アジア地区 2次予選(Window4)
9月13日(木)20:00 AWAY 日本 vs カザフスタン(Baluan Sholak Sport Palace)
【TV中継】
9月13日(木)22:50〜深夜1:30 フジテレビNEXT(生中継)
9月13日(木)深夜1:00〜3:00 BSフジ(録画放送)
【LIVE動画配信】
9月13日(木)DAZN 22:50〜
【LIVE STATS】
http://www.fiba.basketball/basketballworldcup/2019/asian-qualifiers/game/1309/Kazakhstan-Japan

9月17日(月)17:10 HOME 日本 vs イラン(大田区総合体育館 ※チケット完売)
【TV中継】
9月17日(月)17:00〜19:30 BSフジ(生中継)
9月17日(月)17:00〜19:30 フジテレビNEXT(生中継)
【LIVE動画配信】
DAZN 9月17日(月)17:00〜
【LIVE STATS】
http://www.fiba.basketball/basketballworldcup/2019/asian-qualifiers/game/1709/Japan-Iran