JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

3×3 男子U18日本代表:第1次強化合宿 開催報告「間違いなくメダルを獲得できる力があり、優勝だって狙える」長谷川誠コーチ

2019年4月4日

昨年の5人制U16・U18日本代表で悔しい思いをし、3x3でリベンジを誓う横地 聖真選手

「コート上で自分から表現していくことが一番大事」という小栗 瑛哉選手はアグレッシブなプレーでアピール

 3×3 男子U18日本代表チームは、今年8月23日より開催される「FIBA 3×3 U18 アジアカップ2019」へ向け、8名の候補選手を招集し、4月2日(火)〜4日(木)の期間、味の素ナショナルトレーニングセンターにて第1次強化合宿を実施しました。

 昨年12月に開催された「第5回3×3 U18日本選手権大会」で優勝したTEAM EHIMEの今井 新ノ将選手 (大原簿記公務員専門学校愛媛校・東レ愛媛)を除き、他の7名はこれがはじめての3×3体験です。ルールを把握し、5人制とは違うボール(※男女とも6号サイズながら重さは7号と同等であり、溝が深いのが特徴)に慣れるところからスタート。「スペースが広い分、簡単にシュートまで行けるのが彼らにとっては楽しいんだと思います」と長谷川誠コーチが言うように、特徴をつかみながら日に日に成長した姿を見せていました。

 2日目以降は3×3.EXE PREMIERで活躍するプロ選手に胸を貸り、実戦を交えて腕試し。失敗も成功も多くの経験値を積みながら、「自分のものにしようという意欲が強く、これからが楽しみな選手たちです」と長谷川コーチも期待を寄せています。

 昨年、5人制のU16日本代表やU18日本代表として国際大会を経験した選手が4名(富永 啓生選手、三谷 桂司朗選手、江原 信太朗選手、横地 聖真選手)選出されています。横地 聖真選手 (福岡大学附属大濠高校 3年)は、「ずっと一緒に練習してきたのでアイコンタクトや意見も言い合えるので、やりやすいです」というようにコンビネーションプレーで打開する場面も見られました。5人制との共通点が多くあると感じており、「1on1やスペーシング、パス&ラン、リバウンドなどやることは変わりません。5人制でも3人制でもなく、同じバスケとして意識高く取り組めます」

 はじめての3×3を経験し、「楽しいというのが一番の感想です」と笑顔を見せた小栗 瑛哉選手 (大阪産業大学 1年)。合宿が進むにつれて課題点が見え始め、「シュート力を上げなければいけないし、フィジカルもそうですが、コート上で自分から表現していくことが一番大事です。チーム内で声を出していくことを意識し、気持ちの部分では誰にも負けないようにがんばりたいです」。3×3は試合時にコーチがおらず、選手自身が判断し、決断していかなければなりません。

 日本時間3月31日(日)未明、国際バスケットボール連盟 (FIBA) のセントラルボードにて、2020年東京オリンピックでの開催国枠が認められ、5人制とともに3人制も男女とも出場権を獲得しました。新しいスポーツである3×3は若い世代にもチャンスがあり、3×3 男子U18日本代表候補選手たちにとっても目標に掲げています。

 やる気に満ち溢れた選手たちに対し、長谷川コーチも「FIBA 3×3 U18 アジアカップ2019では間違いなくメダルを獲得できる力があり、優勝だって狙えます。それぐらいの気持ちで挑まなければ、さらなる上を目指すこともできません。彼らの目標は(3人制でも5人制でも)オリンピック出場であり、世界1位になることです。今後が楽しみです」と話しており、指導にも熱が入ります。横地選手は「昨年、(5人制の)U16とU18日本代表に選ばれましたが、メダルを獲ることができずに悔しい思いをしました。コーチも仰ってましたが、3×3はメダルを狙えるチャンスがあるので、しっかり代表に選ばれてメダルを獲りにいきたいです」とカテゴリーは違えど、リベンジに燃えています。

 引き続き、2019年4月5日(金)~7日(日)の期間、3×3 女子U18日本代表チームが第1次強化合宿を行います。

○ FIBA 3×3 U18 アジアカップ2019
期間:2019年8月23日(金)〜25日(日)
開催国:マレーシア・クチン