JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

平成25年度女子U-18日本代表チーム 第3次強化合宿(カナダ遠征) 第2戦試合結果報告

2014年4月4日

高さと経験で勝るブリテッシュ・コロンビア選抜と第2戦を戦った

リバウンドでは互角に戦ったものの、ミスが目立ち1勝1敗


 平成25年度女子U-18日本代表チームは、3月31日(月)より第3次強化合宿(カナダ遠征)を実施しています。
 遠征4日目、女子U-18日本代表チームは、ブリテッシュ・コロンビア選抜チームと第2戦を戦いました。試合結果は以下のとおりです。

■平成25年度バスケットボール女子U-18日本代表チーム
 第3次強化合宿(カナダ遠征) 試合結果

■Game2 vsブリテッシュ・コロンビア選抜
 4/3(木) 19:00~ 会場:Langley Events Center
 女子U-18日本代表 ● 67-71 ○ ブリテッシュ・コロンビア選抜(BC選抜)
 (14-9, 10-22, 25-19, 18-21)

 第1ピリオド、日本は曽我部、加藤、中山、赤穂、中田でスタート。対するBC選抜は第1戦と同じメンバーでゲームに入る。立ち上がり、両チームともにターンオーバーが続き、なかなか得点が入らない。日本は中田がファウルをもらうがフリースローを決め切れず、何とか加藤のジャンプシュートで得点する。5分過ぎまで5-4とロースコアに。その後も互いに特典が伸び悩み、14-9と5点リードで第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、日本は選手を入れ替え、ディフェンスを強化するが、BC選抜にインサイドで攻められ、ゴール下、フリースローで逆転を許す。その間、日本は西岡のトラベリングや金子のターンオーバーでなかなか得点が出来ず、オフェンスが単発になる。日本はこのピリオド10点しか挙げられず、24-31とビハインドを負い前半終了。

 第3ピリオド、日本は中山、川井、三木、田中、赤穂にメンバーを変え、後半へ。すると粘り強いディフェンスとリバウンドから速い展開に持ち込み、川井、中山のレイアップシュートやジャンプシュートで連続得点を挙げ、早々に同点に追いつく。一方のBC選抜もインサイドを中心に攻め、得点を入れ返す。その後も日本はなかなかリードを奪えず、49-50の1点差で最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、BC選抜のアウトサイドシュートが決まりはじめ、徐々に日本を突き放しにかかる。対する日本は思うように3Pシュートや外角のシュートを決めきれず、リバウンドを取られて逆速攻で得点を許す。残り5分を切り、10点差を追う日本は、赤穂のワンセンターにして、外角から果敢に攻める。すると、加藤がチーム初の3Pシュートで反撃、さらに赤穂のブレイク、川井のドライブインで1点差まで詰め寄る。しかし終盤の大事の場面でターンオーバーから相手に得点を許し、ゲームセット。67-71、フリースローの決定率、シュートミス、ターンオーバーなどミスが目立った日本は、本来の力を発揮しきれず、4点差で敗れた。

※主な得点者:赤穂選手 13点、中山選手 11点、中田選手 9点、加藤選手 8点