JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

ハヤブサジャパン 平成26年度男子日本代表チーム 活動開始記者会見報告

2014年6月10日

第5回FIBA ASIAカップへ向け、16名でスタートしたハヤブサジャパン 男子日本代表チーム

キャプテンは石崎 巧選手


 ハヤブサジャパン 平成26年度バスケットボール男子日本代表チームは、新体制での強化活動をスタートしました。
 練習前に行われた記者会見において、堀井 幹也男子ナショナル委員長は、「2020年東京オリンピックは通過点。その後のオリンピックも恒常的に狙える取り組みをしていきます」と話し、今後は若い世代も一緒に強化できるような体制作りを構築してきます。

 長谷川 健志ヘッドコーチからは、男子日本代表チームに対して「3つのテーマ」と「5つのキーワード」が紹介されました。

テーマ
・スポーツをする以上、元気に積極性を持ってトライしプレイで表現
・今年開催される3大会の上位を目指し、日本の戦う方向性や課題を明確化
・ヘッドコーチの考えることと選手たちへの共通理解

キーワード
[規律] 組織で戦うには規律が絶対に必要。規則ではない。
[勤勉] 日本国民は世界で一番勤勉だと自負している。その勤勉さをコートで表現。
[協力] 一人ひとりではなく協力して、組織として結果を求める。
[実行] 必ず行うこと。必ずコートで実行すること。
[情熱] 好きなバスケットの日本代表になっているのだから情熱を持ってやること。

 今年度30歳を迎える最年長の7名に対し、「東京オリンピックへ向けたスタートとして、彼らがこのチームを引っ張る責任感を持ってもらいたい」と長谷川ヘッドコーチは期待を寄せています。26名中、川村 卓也選手と栗原 貴宏選手は怪我のため、富樫 勇樹選手と渡邊 雄太選手はアメリカ挑戦のため、合宿に参加ができない状況ではありますが、「いつでも戻ってきて欲しい選手たち」と話す長谷川ヘッドコーチ。さらに、「バスケットをしている日本人選手たち全てが日本代表候補選手です。若い選手を含めて、日本代表に選ばれる気持ちでプレイしてもらいたい」とも話していました。

 2014年7月11日(金)~19日(土)に中国・武漢で行われる「第5回FIBA ASIAカップ」へ向けて16名を招集し、第1次強化合宿がスタートしました。この中から12名を選考して大会に臨みますが、今年行われる3つの大会(FIBA ASIAカップ、ウィリアム・ジョーンズカップ、アジア競技大会)に怪我人以外の選手は、いずれかの大会で必ず出場させます。
 本日集まった選手のコメントをご紹介します。

太田 敦也 選手
長谷川ヘッドコーチの求めることを実行し、全員で協力して、日本代表としての誇りを持って戦っていきます。

石崎 巧 選手  ※キャプテン
またこのチームで一緒に戦わせてもらえるチャンスをいただけたことを大変光栄に思っています。また、今年度も合宿や少なくはない試合が用意されていますが、その全てにおいて勝ちを収める。そこへ向かっていくことを一番大事にしたいですし、そこに向かっていくことでしか、本当の意味で国際大会で勝つためのレベルアップにつながってはいかないと考えています。そのために、ただただ試合を諦めない、強い気持ちを持つというだけではなく、チームとして、個人として何ができるのか、全てにおいて持てる限りの力を尽くしていきたいと思っています。

菊地 祥平 選手
日本代表として、このチームの最年長として自信を持って頑張りたいです。

正中 岳城 選手
またこうして日本代表に呼んでいただき、嬉しく思っています。何よりも選手が現場から盛り上がって、バスケットが楽しいという思いを皆さんに伝えていければ、日本のバスケット界もまだまだ盛り上がっていけると思っています。私自身も情熱とバスケに賭ける思いをしっかりと魅せられる1年にしたいです。

岡田 優介 選手
日本でバスケをやる上で、最高の場所に立てたことを光栄に思います。そして再び日本代表に戻ってこれたことをうれしく思っています。ヘッドコーチが求めていることに対し、しっかりコートで表現していきたいと思っています。自分の経験、リーダーシップ、そして何よりもバスケットボールに取り組む姿勢というものを日本代表に持ってきたいと思っています。

竹内 公輔選手
長い間、日本代表に選んでいただいてきましたが、ついに最年長でプレイすることとなりました。精一杯チームを引っ張って、勝利に結びつけられるように頑張りたいと思います。

竹内 譲次選手
またこのユニフォームを着て、プレイできることをすごくうれしく思っています。この2年間は怪我で日本代表の力になれなかったので、その分まで今年から頑張りたいです。キャプテンの石崎選手を中心に、僕ら最年長グループが若い選手に良い影響を与えられるように、練習、そして生活面でも見本になれるように頑張ります。

広瀬 健太 選手
長谷川ヘッドコーチは非常に情熱を持った方なので、自分のやるべきことをしっかり見極めて、ヘッドコーチの情熱に負けないように取り組んでいきます。

坂本 ジェイ 選手
初めて日本代表候補に選出されました坂本ジェイです。よろしくお願いします。

小野 龍猛 選手
自分の持ってるものを全部出して、チームに貢献できるように精一杯頑張ります。

金丸 晃輔 選手
昨年とはメンバーも変わり、バスケットも変わってくると思います。チームに少しでも貢献できるようにしっかり取り組んでいきます。

比江島 慎 選手
活気あるプレイをして、日本代表に貢献してチームを盛り上げていきます。

田中 大貴 選手
経験ある先輩たちと切磋琢磨しながら、どんどん自分がレベルアップできるようにしていきたいです。

張本 天傑 選手
若手らしく元気よく、明るく頑張っていきたいです。

※辻 直人 選手、永吉 佑也 選手はチーム海外遠征のため第2次強化合宿より参加

 第1次強化合宿は6月14日(土)まで行われます。新スタートを切ったハヤブサジャパン 男子日本代表チームの応援をよろしくお願いいたします。