JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

ハヤブサジャパン 平成26年度女子日本代表チーム 第4次強化合宿(ヨーロッパ遠征) アンカラ国際トーナメント第1戦結果報告 -初戦を地元トルコと対戦し、 61-65で惜敗-

2014年9月2日

アンカラ国際トーナメントが開催されているアンカラアリーナは、FIBA女子世界選手権で日本が予選ラウンドを戦う会場

第4ピリオド終盤に追い上げるも、トルコに61-65で惜敗


 ヨーロッパ遠征を実施しているハヤブサジャパン 平成26年度バスケットボール女子日本代表チームの第2の遠征先はトルコ・アンカラ。ここで開催されるアンカラ国際トーナメントに参加し、トルコ、ベラルーシ、チェコと対戦します。

 9月1日(月)に初戦を迎えたハヤブサジャパンの対戦相手は、今遠征2回目の対戦となるトルコ代表。第3ピリオドを終え、40-43と追いかける展開となった日本は、第4ピリオド残り13秒、#10渡嘉敷 来夢選手のバスケットカウントによる3点プレイで61-62の1点差まで詰め寄りましたが、惜しくも61-65の4点差で敗れました。
 つきましては、下記のとおりお知らせいたします。

■ハヤブサジャパン 平成26年度バスケットボール女子日本代表チーム
 第4次強化合宿(ヨーロッパ遠征) 試合結果

■GAME2 vs トルコ代表
 9/1(月) 19:00(現地時間)~ 会場:アンカラアリーナ
 女子日本代表 ● 61-65 ○ トルコ代表
 (12-12, 15-16, 13-15, 21-22)

 第1ピリオド、日本のスタートは#8宮元、#11栗原、#13大神、#10渡嘉敷、#15王。序盤、互いにアウトサイドショットの打ち合いとなる中、日本は#13大神が2本のジャンプショット、#10渡嘉敷がインサイドで得点を挙げ、6-0と先手を奪う。さらには#11栗原の3Pシュートも決まり、開始5分過ぎ、10-4でリードする。この流れを持続したい日本だったが、相手のディフェンスプレッシャーに圧倒されてミスが重なり、思うように得点が伸びず、突き放すことが出来ない。その間、インサイドにボールを集めるトルコに得点を許し、12-12の同点で第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、日本は追いつかれる形で終わった第1ピリオドの悪い流れを断ち切ることが出来ず、開始早々、トルコに3Pシュートで逆転を許す。日本は走ってリズムを掴もうとするが、リバウンドを取ることが出来ず、トルコにセカンドショットから得点される。残り3分半、16-23と日本は7点ビハインド。その後、全員リバウンドを意識すると、ディフェンスリバウンドから速い展開でオフェンスに持ち込み、#13大神のジャンプショット、#11栗原の3Pシュートで徐々にリズムを取り戻す。27-28、日本は1点ビハインドで前半終了。

 前半、流れを掴みたいところで、トラベリングやファウルなど自らリズムを崩してしまった日本。ハーフタイムでは、内海ヘッドコーチより、ドライブの突出しの足さばき、ディフェンスの際の手の使い方を気をつけるように指示され、後半へ。

 第3ピリオド、立ち上がり、トルコの196cmセンター#13Kuanitraにバスケットカウントやオフェンスリバウンドを許し、不用意なファウルでフリースローを与えてしまう。日本は#10渡嘉敷と#15王のインサイドのラインによるコンビプレイで連続得点を挙げると、さらに#11栗原の3Pシュートで加点していく。しかしトルコも内外から確率良くシュートを沈め、リードを譲らない。残り4分25秒、34-41と7点ビハインド。少しでも点差を詰めたい日本は、終盤、#6間宮と#12長岡がインサイドで身体を張り、相手のファウルを誘って、フリースローで追い上げる。40-43、日本は逆転を狙い、最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、序盤、#5髙田が積極的にゴールアタックし、3連続得点で反撃に出る日本。しかしトルコも入れ返し、一進一退の攻防となる。開始3分半、46-48と追いつきそうで、追いつくことが出来ない。その後、地元トルコのファンの大声援の中、日本はターンオーバーを犯し、残り3分40秒、48-55と7点ビハインド。しかし諦めない日本は、#11栗原が要所で2本の3Pシュート決め、食らいつく。残り13秒、#10渡嘉敷がポストプレイからバスケットカウントによる3点プレイで61-62。最後はファウルゲームを仕掛け、逆転を信じて戦うものの、終了間際にトルコの34歳のベテラン#9Esmeralに3Pシュートを決められ、試合終了。最後まで食らいついた日本だったが、終盤の勝負所で確実に得点を挙げたトルコに軍配が上がり、日本は惜しくも61-65で黒星を喫した。

※主な得点者
#11 栗原 三佳 選手 18点(3Pシュート5本)
#10 渡嘉敷 来夢 選手 13点
#5  髙田 真希 選手 8点
#15 王 新朝喜 選手 8点

 次戦は、9月2日(火) 22:45(現地時間 16:45)より、FIBA世界ランキング5位、7月に日本へ来日し、FIBA世界選手権では同じグループAに属するチェコ代表と対戦します。
 なお、試合の模様は、インターネットLIVE配信「TBF TV」にてご覧いただけます。ハヤブサジャパンへの応援をお願いいたします。
 【TBF TV】 http://www.tbftv.org/

■ヨーロッパ遠征中のゲームスケジュール・結果
※( )内の順位はFIBA世界ランキング/日本は17位
※時間は現地時間

開催国:トルコ
8月28日(木) 18:00~ 日本 ○ 63-53 ● トルコ(13位)
9月1日(月) 19:00~ 日本 ● 61-65 ○ トルコ(13位)
9月2日(火) 16:45~ 日本 vs チェコ(5位)
9月3日(水) 16:45~ 日本 vs ベラルーシ(10位)

開催国:スペイン
9月5日(金) 19:00~ 日本 vs スペイン(6位)
9月6日(土) 17:00~ 日本 vs セルビア(29位)
9月7日(日) 12:00~ 日本 vs アンゴラ(20位)

開催国:フランス
9月10日(水) 20:00~ 日本 vs セルビア(29位)
9月11日(木) 20:00~ 日本 vs フランス(4位)