JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

第17回アジア競技大会 男子日本代表チームは本日クウェート戦からスタート

2014年9月24日

本日の会場は、昨年の東アジア選手権も行われたSamsan World Gymnasium

ハヤブサジャパンの初戦となるクウェート戦は18:30ティップオフ


 いよいよ本日、9月24日(水)より「第17回アジア競技大会 バスケットボール競技」において、ハヤブサジャパン 日本代表チームが登場します。まずは 男子日本代表チームが初戦を迎え、クウェートと対戦。前回大会4位(2010年/広州)の成績を残したことにより、ハヤブサジャパンは2次予選からの参戦となります。

 昨日、日本同様に2次予選から出場する強豪国が初戦に臨みました。チャイニーズ・タイペイ(昨年のFIBA ASIA選手権4位)はカザフスタン(同8位)に68-74で敗れ、1次予選を勝ち上がってきたモンゴル(東アジア予選敗退)はヨルダン(同7位)に83-74で勝利。FIBA ASIA選手権の成績とは異なる結果が起きています。日本と同じグループFの結果は、カタール(同6位)が同じ湾岸アラブ地区のクウェート(予選敗退)に79-69で勝利し、初戦を白星で飾りました。

 1次予選を3連勝で勝ち上がってきたクウェート。平均身長188cmであり、最高身長は202cmと日本の方が身長で上回っています。予選ラウンドのスタッツを見ると、全体的に得点を取ってくるようであり、最高得点者も日替わりです。相手よりも日本が目指す平面のバスケットで挑み、そして課題となっているプレイの強度を克服し、勝利を掴んで勢いに乗りたいところです。クウェートは昨日の試合ですでに1敗しており、この試合で日本が勝つとその時点で準々決勝ラウンド進出(ベスト8)が決まります。

 午前中に本日の会場となるSamsan World Gymnasiumで練習を行なったハヤブサジャパン。万全を尽くし、あとは初戦を待つばかりです。アジア競技大会 2次予選クウェート戦は18:30よりティップオフ。ベスト4を目標に掲げたハヤブサジャパン 男子日本代表チームへのご声援をよろしくお願いいたします。