JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

男子日本代表:FIBA アジアカップ2021 予選へ向け「高いレベルの競争は良い影響しか与えない」フリオ・ラマスHC

2020年1月28日

FIBA アジアカップ2021 予選へ向けて記者会見を行ったフリオ・ラマスヘッドコーチ

富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)

 「FIBA アジアカップ2021 予選」が2月21日(金)19:00より千葉ポートアリーナ(※チケット好評発売中)にて、中国を迎えて開幕します。それに先駆け、AKATSUKI FIVE男子日本代表のフリオ・ラマスヘッドコーチが本日記者会見を行いました。

 ホーム開催となる中国戦、2月24日(月)にアウェーで行うチャイニーズ・タイペイ戦の『Window1』はBリーグで活躍する選手から選考し、最初の合宿には20名を招集(※2月10日(月)にFIBAへエントリーする24名を発表予定。出場メンバー12名は大会規定により前日発表)。今大会の目標はFIBAアジアカップ2021への出場権を獲得することが第一であり、「オリンピックへの準備はこの2試合が終わってから」と目の前の戦いに集中します。

 日本代表のメンバー争いが激しくなれば、自ずとレベルアップにつながります。昨年のFIBAワールドカップ2019に出場し、ディフェンスをはじめとした課題が明確になりました。「その課題をどう克服するかを考えており、そのためにも選手たちにとってはトライアウトになります。誰が代表として通用するかを見極めていきたいです」とラマスヘッドコーチは新たな戦力や若手選手を試す構想を匂わせます。また、帰化選手が増えている状況については「高いレベルの競争は良い影響しか与えない」と歓迎します。

 FIBAワールドカップ2019では、フィジカルコンタクトなど世界との差を痛感しましたが、「先日の宇都宮vs大阪やA東京vsSR渋谷の試合を見ても、変わってきていることは実感できます」とBリーグでの成長が見られています。まだ、メンバーは発表されませんでしたが、富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)や田中大貴選手(アルバルク東京)、ベンドラメ礼生選手(サンロッカーズ渋谷)は成長している選手として名前が挙げられました。「合宿がはじまれば、選手たちのBリーグでの成果を間近で見て確認できます」と話すラマスヘッドコーチは、日本代表活動を今から楽しみにしていました。

 「プロ化した初年度の4試合と、今シーズンの4試合を見比べれば明らかに成長しています」とラマスヘッドコーチも太鼓判を押すBリーグは明日1月29日(水)も、今週末も各地で開催します。ぜひ会場やバスケットLIVEにてお楽しみください。