JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

第22回FIBA ASIA U-18男子選手権大会 2次ラウンド第2戦 vsインド 現地レポート

2012年8月22日

 「第22回 FIBA ASIA U-18男子バスケットボール選手権大会」は、大会5日目。日本は、2次ラウンド第2戦をインドと対戦。負けると2次リーグでの敗退が濃厚となるため、負けられない一戦。
 日本のスタートは、#4渡邊、#5森、#9寺園、#11成田、#14馬場。

 第1ピリオド、日本はマンツーマンディフェンスでスタート。立ち上がり、硬さのある日本に対し、インドは204cmの#15BRARが高さを生かしたゴール下で先制点を挙げます。さらに#8SHINGHが外から仕掛けてファウルをもらい、フリースローを決め0-4とリード。しかし日本は#4渡邊の3Pシュート、ペリメータージャンプシュートを決めて、徐々に動きを取り戻していく。インド#13K RAKRSHがリバウンドをチップインで押し込むが、そこから日本は#11成田が3Pシュート、#4渡邊がブレイクからダンク、さらに#11成田が連続シュートを決め、14-6と逆転に成功。その後もインドは#15BRARがペイント内で得点し、残り2分29秒で20-15と食らいついてくる。だが日本も#9寺園が3Pシュートを含む2本、#4渡邊、#14馬場が得点をして、29-17と日本リードで終了。第2ピリオドは、第1ピリオドをいいリズムで終了した日本は、勢いが止まらない。開始5分過ぎには46-24と大量リードする。しかし残り2分、インドは#15BRARがペイント内で粘りを見せ、8連続得点を許します。56-35、日本リードのまま前半終了。

 ハーフタイム、佐藤ヘッドコーチは「得点を取り続けること、そのために走らなければダメだ」と言い、そしてプレイを丁寧にやることを要求した。

 第3ピリオド、日本のプレッシャーディフェンスで相手のターンオーバーを誘うと、そこから前半から好調を見せている#8大崎が本日4本目の3Pシュートを決め、#11成田も果敢にゴールへ向かって得点。残り5分、71-40と31点差をつけると、インドは#13K RAKESHのゴール下、#15BRARの連続ゴールで応戦してくる。だが、ハーフタイムで佐藤ヘッドコーチから要求されたことをきちんと果たした日本が、80-49とリードして終了。最終ピリオド、インドは日本のスピードについていけず、苦しい展開。その間に、日本は#4渡邊、#11成田、#14馬場が連続ゴールをしてさらに差を広げると、その後は互いに点を取って、取られてを繰り返す。終盤には、途中出場の#13杉浦が3Pシュートとジャンプシュートを連続して決めます。最後は、1年生#15角野が1on1からシュートを決め、試合終了。100-71、日本が快勝し、準々決勝進出へと望みをつなげました。

 次戦、8月22日(水)18:00(現地時間)より、日本は決勝トーナメント進出をかけて、レバノンと対戦します。

 なお、大会公式サイト(英語)では、試合の経過を伝えるFIBA STATSにて速報配信をしています。
 男子U-18日本代表チームへのご声援お願いいたします。