JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

平成26年度男子ユニバーシアード日本代表チーム 第1次強化合宿開催報告

2015年2月12日

29選手にチャンスが与えられた強化合宿がスタート

約1年ぶりに恩師・長谷川 健志アドバイザリーコーチ(左)の指導を受ける鵤 誠司選手(右)

 本年7月3日(金)より韓国・光州にて開催される「第28回ユニバーシアード競技大会」に向けて、平成26年度バスケットボール男子ユニバーシアード日本代表チームは、2月9日(月)~11日(水・祝)に味の素ナショナルトレーニングセンターで第1次強化合宿を実施しました。

 男子日本代表を率いる長谷川 健志ヘッドコーチが、第2次強化合宿まではアドバイザリーコーチとして指導を行います。昨年の日本代表活動において課題となった点を、この世代から改善するためのドリルを与えていきます。第1次強化合宿はオフェンスが中心となり、体を当てながらゴールにアタックしていくこと、プレイを連動させていきながらスピーディーな展開の中でフリーシュートを決められるようにすることなどを重点的に練習しました。

 大学生はオフシーズン中のため、コンディションはまだ上がっていません。そこで、「体を動かすことよりも、頭を使う練習にしました。スペーシングを把握してるか、指示に対してすぐに反応できるかなども選考ポイントとなります」と池内 泰明ヘッドコーチ(拓殖大学)は話しており、先々を想定するプレイを求めています。コートで指導する長谷川コーチも、「右にならえの同じプレイをしていてはダメ。バスケは状況判断が大事なのだから、それぞれがイメージしてプレイしよう」と伝え、同じドリルでも選手たちにさらなる工夫を促していました。

 池内ヘッドコーチが求めるバスケットスタイルは昨年に続き、「フルコートを走って、90点以上を目指すハイスコアゲーム」は変わりません。
 「ディフェンスのピックアップの早さやディフェンスから仕掛けることはまだ徹底できておらず、集中できていない時間帯がありました。ボールやレシーバーに対してプレッシャーをかけることを40分間続けられるようにしたいです。オフェンスがうまく行く時もありますが、なかなかシュートが入らない。そこはセレクションやシュートチャンスを作る過程での問題もあるでしょう。この合宿中もアーリーピックなどを練習しており、アウトサイドシュートを決められるようにしていきたいです。ただし、それをシステム化してしまうと、フルコートの良さが消えてしまいます。フリーの中で様々なプレイを出せるようにしなければなりません。今回、長谷川コーチがハンドオフやピック&ロールなど、非常に良い練習をしてくれましたので、さらにレベルアップを図りたいです」。
 日本代表とユニバーシアード日本代表の両ヘッドコーチがタッグを組み、東京オリンピックの主役となる世代を強化。長谷川コーチも、「早くこの世代から日本代表に引き上げたい」と話していました。

 2年前のユニバーシアードに出場した鵤 誠司選手(青山学院大学 3年)。「国際試合を経験できる選手は限られています。2年前、経験者がリーダーシップをとってくれたことで、初出場の自分はガムシャラにプレイすることができました。国際経験をさせてもらったからには、今度は自分が引っ張っていかなければいけません」と自覚を持って声を出し、早くもリーダーシップを発揮し始めています。約1年ぶりとなる青山学院大学の恩師である長谷川コーチとの練習については、「やっぱりバスケに対する熱がすごく伝わってきます。長谷川さんのような熱い指導者は、それほど多くないと思いますし、一緒に練習できるのはやっぱり楽しいです」。

 男子U-18日本代表(2012年)、第1回3×3ユース世界選手権(2011年)において、アメリカで活躍中の渡邊 雄太選手(ジョージ・ワシントン大学)らとともに世界と戦った経験を持ち、昨年は大学日本一となった満田 丈太郎選手(筑波大学 2年)。「練習前のビデオミーティングで課題が与えられます。それが日本代表のチーム方針でもあり、その課題をこなしていけば、結果はついてくると思って取り組んでいます」と言い、一歩ずつステップアップするとともに、選考合宿を突破できるよう意識を高く持って臨んでいました。アメリカに渡った渡邉選手について伺うと、「映像で見ていますが、以前とは違ってアグレッシブになっています。ダンクシュートも豪快ですし、すごいなって思うところもあります。でも遠い存在と思わないように、自分も頑張らなくてはいけないです」と話しており、良い刺激を受けていました。

 3人が怪我のために不参加となったため、26名でスタートした第1次強化合宿。これに加え、NBLやbjリーグの大学卒業1年目とアーリーエントリーした選手たちもユニバーシアード日本代表の対象年齢であり、さらなる競争が続きます。長谷川コーチは、「体力やスキルだけではなく、モチベーションや判断力、練習に取り組む姿勢も含めてコーチたちは選考している」と選手たちに伝えました。
 次回、第2次強化合宿は2月17日(火)~19日(木)に開催します。