JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

【重要】平成25(2013)年度 第2回(9月~10月)JBA公認コーチ資格の再登録(復活申請)について

2013年9月10日

 この度、2013(平成25)年度 第2回(9月~10月)JBA公認コーチ資格の再登録(復活申請)期間を設けることとなりました。コーチ登録規程第11条に則り、対象となる場合には再登録(復活申請)をすることができます。なお、申請の窓口は各都道府県バスケットボール協会(指導者育成委員長)となりますので、ご注意ください。
 つきましては、下記のとおりお知らせいたします。JBA公認コーチ資格の再登録(復活申請)をご希望の方は、平成25年10月31日(木)までに、再登録手続き及び登録料の支払いを行なってください。

《平成25(2013)年度 第2回(9月-10月)JBA公認コーチ資格の再登録(復活申請)について》

※更新手続きについて
 当協会では、2015年度の改定コーチライセンス制度の完全実施に向け、2011年度より段階的な制度の改定を行い、2013年度よりコーチライセンスの有効期限が、これまでの2年間から1年間に変更になりました。そのため、JBA公認D級コーチ以上の資格をお持ちの場合は、2013(平成25)年度以降、毎年更新手続きが必要となります。

■資格失効者の資格復活基準(コーチ登録規程第11条)
第11条 資格の復活について、次の条件を全て満たす者について認める。
(1) 資格有効期限を過ぎて4年以内の者であること
(2) JBA又は都道府県協会の定めるリフレッシュ研修を受け、必要なポイントを獲得している者。あるいは、それに相当する研修を受けている者
(3) 都道府県協会が今後の活動において、その指導者を特に必要と認める者であること
(4) 資格有効期限が切れた後も指導活動を継続しており、指導者として引き続き積極的に活動し、スポーツの普及・振興に貢献できる者であること
2.資格の復活について、次の条件に該当する者は、資格の復活は認めない。
(1) 本人の意思により資格を放棄した者
(2) 第10条(1)により資格を取り消された者
(3) 過去に資格復活申請を行ったことがある者
3.資格有効期限を過ぎて4年以上経過している者でも次の条件に該当した場合、特例として資格復活を認めることがある。その場合、証明するものを添付すること。
(1) 長期にわたり海外に滞在していた場合
(2) 長期にわたり入院あるいは社会復帰するためにリハビリテーションをしていた場合
(3) その他JBAが特に認めた場合
4.資格復活に際し、審査料として5,000円を徴収する。但し、有効期限切れ後1年以内の者は徴収しない。

■再登録(復活申請)期間
2013年9月9日(月)11:00~10月31日(木)
※必ず上記期間内に書類の提出・手続きおよび登録料の支払いを行なってください

■手続き後の資格有効期間
【JBA公認コーチ資格(以下、JBA資格)】

2013年4月~2014年3月末(遡って1年間有効)
※2013年度より、資格有効期間は1年となりますので、2014年3月~5月の更新を改めて行う必要があります

【日本体育協会 公認スポーツ指導者資格(以下、日体協資格)】
2014年4月~
各都道府県からの申請をJBAが一括して日体協に申請を行います。審査後、登録手続き書類が日体協から直接送付されます。(2014年1月頃予定)手続き完了後、2014年4月登録となります。手続きを行わないと登録は完了しませんので、ご注意ください。
 
■審査料
・1年以内  なし
・2~4年  JBA資格失効   5,000円
      日体協資格失効 2,000円 ※別途日体協に3,000円を直接支払います
※JBA・日体協資格をともに失効している場合は、2,000円のみ

■資格名および登録料
登録料は下記のとおりです。
・JBA公認A級コーチ(日体協公認上級コーチ)  3,500円/1年 *
・JBA公認B級コーチ(日体協公認コーチ)    2,500円/1年 *
・JBA公認C-1級コーチ(日体協公認上級指導員) 1,500円/1年 *
・JBA公認C-2級コーチ(日体協公認指導員)   1,500円/1年 *
・JBA公認D級コーチ             3,000円/1年 

※年度途中の登録となりますが、登録料は1年分となりますので、予めご了承ください。
※JBA公認A級~D級コーチ(*)は、別途、日体協資格登録手続き時に10,000円/4年+初回事務手数料3,000円がかかります。

■手続きの流れ
(1) 再登録申請(復活申請)の様式を所属の都道府県バスケットボール協会へ提出  ※
(2) 各都道府県バスケットボール協会での審査
(3) 申請承認後、TeamJBAでの本人申請  ※
(4) 請求メール受信
(5) 登録料支払い
(6) 登録完了
(7) 登録証およびオフィシャルマガジン「TIP OFF」の発行  ※


1.日体協資格失効の場合
【様式1-A】(上半分)及び【様式2-A】に記入、審査料2,000円とともに所属の都道府県バスケットボール協会に提出してください。

2.JBA資格失効の場合
【様式1-B】(上半分)及び【様式2-B】に記入、審査料5,000円とともに所属の都道府県バスケットボール協会に提出してください。

3.JBA・日体協資格ともに失効の場合
【様式1-A】(上半分)及び【様式2-A】に記入、審査料2,000円とともに所属の都道府県バスケットボール協会に提出してください。【様式1-A】に両方の資格が失効している旨を明記してください。

【注意事項】
・必要事項を全て埋めてください。特に、【様式2-A】【様式2-B】の「Ⅲ.今後の指導活動予定」は指定のとおり、必ず100文字以上記入してください。
・必ず捺印をしてください。


1.TeamJBAメンバーID(9桁)を取得している場合
TeamJBA 年度更新後の登録手続きガイド[役員・審判・コーチ用]をご確認ください。

2.TeamJBAメンバーID(9桁)を取得していない場合
TeamJBA 役員・審判・コーチ新規登録ガイドをご確認ください。


登録証(カード)は登録料入金日の翌月中旬にJBAから直接送付されます。

■添付資料
下記ダウンロードページ参照(PCサイトよりご確認ください)
1.平成25(2013)年度 第2回(9月-10月)JBA公認コーチ資格の再登録(復活申請)について
2.【様式1-A】 再登録申請願(日体協資格を失効している方)
3.【様式1-B】 再登録申請願(JBA公認コーチ資格を失効している方)
4.【様式2-A】 公益財団法人日本体育協会 公認スポーツ指導者資格 再登録申請書 兼 申請要件調査書
5.【様式2-B】 JBA公認D級コーチライセンス 再登録申請書 兼 申請要件調査書
「TeamJBA 年度更新後の登録手続きガイド[役員・審判・コーチ用]」、及び「TeamJBA 役員・審判・コーチ新規登録ガイド」は、JBA公式サイト 指導者登録ページよりご確認ください。