JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

「第18回アジア競技大会」における不祥事に関する4選手の復権 (処分解除) のご報告

2019年4月11日

 当協会 (JBA) は昨日4月10日 (水)、都内にて理事会を開催し、昨夏開催された 「第18回アジア競技大会」(開催地:ジャカルタ/インドネシア)に男子日本代表チームの一員として参加し、不祥事 (不適切な行動) により処分を受けた4選手の復権 (処分の解除) を決定いたしました。
 当該4選手については、処分が下された2018年8月29日より1年間、公式試合出場権がはく奪されておりましたが、今回の復権 (処分解除) の承認により、以降の公式試合への出場が可能となります。
 つきましては、本件につき、以下の通りご報告いたします。

 
■「第18回アジア競技大会」 における不祥事に関する4選手の復権 (処分解除) について

【対象者】
永吉 佑也 (京都ハンナリーズ所属)
橋本 拓哉 (大阪エヴェッサ所属)
佐藤 卓磨 (滋賀レイクスターズ所属)
今村 佳太 (新潟アルビレックスBB所属)

【処分内容】 (※処分決定当時)
2018年8月29日から1年間の公式試合出場権はく奪

【復権日 (処分解除日)】
2019年4月11日

【手続経緯】
① 2019 年3月、対象4選手よりそれぞれ JBA 裁定委員会に復権申し立てあり。
 (JBA復権手続規程による:処分期間の 1/2 が経過後、復権の申し立てができる)
② 申し立てを受け、裁定委員会において処分期間中の活動状況報告書等を精査、また、本人からのヒアリング等を実施し、復権申し立てについて審議。
③ 裁定委員会の判断により、JBA 理事会に対し処分解除 (復権) を妥当とする答申書を提出。
④JBA 理事会にて決議、復権 (処分解除) を了承。

【その他 】
復権後、直ちに公式試合への出場が可能となる。

※JBA 復権手続規程およびJBA裁定委員会答申書 (全文)は、下記【ダウンロード】欄よりご覧になれます。