審判ライセンスの取得について

JBA改革の一環である競技環境充実のための新たな取り組みとして、競技レベルに応じた試合数の増加、リーグ戦導入の推進等を進めるにあたり、これからはさらに多くの審判員が必要とされます。
大会に参加する競技者に対してよりよい競技環境を提供するためにも、競技に対する一定の専門的知識を持ったライセンス保有審判員によって公式大会が運営されることが必要です。
審判員は、プレーヤーのために正しい判定をくりかえし行い、競技を円滑に進めていくという大切な役割を担っています。

◆審判員になるには

JBA主催の「E級審判ライセンス新規取得講習」(eラーニングにて実施)を受講する必要があります。
また、審判経験がある方は、都道府県協会主催の実技講習会(集合研修にて実施)を受講し、D級ライセンス、
C級ライセンスを取得することも可能です。
審判活動を行うカテゴリー・大会レベルに応じた審判ライセンスの取得を行います。
※各大会に必要な審判ライセンスは都道府県審判委員会または大会主催者によって指定されることがあります。

【初めて審判に取り組む方】
<大会レベル>地区、連盟が主催する大会の審判、帯同審判員
<講習会>JBA主催:E級審判新規取得講習(eラーニング)の受講・合格により取得 *実技講習なし

【審判経験がある方】
<大会レベル>地区、連盟が主催する大会・試合の審判

<講習会>①CD級審判新規取得講習(eラーニング)
     ②都道府県協会実技講習会(D級審判新規認定講習/実技講習)
     *①、②の受講・合格により取得

・実技講習会の受講には、地区・連盟等への事前申請、または推薦が必要になります。
・実技講習会の申請方法・開催日程は、各都道府県協会のホームページよりご確認ください。

【ある程度の審判経験がある方】
<大会レベル>都道府県協会が主催する大会・試合の審判
<講習会>①CD級審判新規取得講習(eラーニング)
     ②都道府県協会実技講習会(C級審判新規認定講習/実技テスト)
     *①、②の受講・合格により取得

・実技講習会の受講には、地区・連盟等への事前申請、または推薦が必要になります。
・実技講習会の開催日程は、各都道府県協会のホームページよりご確認ください。
都道府県協会・ブロック協会

◆ライセンスの取得方法

1.はじめに

・審判員として活動をする「都道府県」を決める

 ※原則として、在住または在勤・在学の都道府県をお選びください
 ※選択をした都道府県(都道府県バスケットボール協会)に所属する審判員となります

・受講できる年齢は、講習会を受講する年度の4月1日現在で、満12歳以上となります。(小学生不可)

2.TeamJBA(JBA会員登録管理システム)でメンバー登録をする

TeamJBAにログインし、メンバー登録を行います。(無料)
すでにメンバーID(競技者、コーチ)をお持ちの方は、そのままご利用いただけます。
<準備するもの>
・インターネット接続ができるパソコン、タブレット、スマートフォン
・メールアドレス
・顔写真データ

  (本人確認に適した無帽、正面、無背景で概ね 6 ヶ月以内に撮影された写真データ)

TeamJBA

3. ライセンス新規取得講習(eラーニング)に申し込む

・受付開始:4月1日(木)から
・受付終了:1月26日(水)まで
・受講可能期間:申込日から30日間

 E級審判eラーニング講習への申し込み方法はこちら  講習会/研修会の申込方法

◆新規取得講習受講フロー

◆新規取得講習(昇格審査)受講料、講習内容

TeamJBAからeラーニング講習、都道府県実技講習会にお申し込みのときに、それぞれの受講料を納付します。
(実技講習会は、都道府県によって現地で受講料を徴収する場合がありますので、受講申し込み時にご確認ください)

ライセンス取得・認定講習(新規取得・昇格審査)

*受講料は消費税込み

◆合格後の登録手続き

ライセンス取得・認定講習に合格した後に、登録手続きが必要です。
審判ライセンスは、「登録手続き」を行うことで有効になります。(毎年度登録)
登録手続きが完了すると、年度登録証(カード)、審判ワッペンが送付されます。

登録について

※新規取得講習・昇格審査において合格認定を受けた場合、翌1年度までは修了(合格)認定を有効とし、登録手続きが認められますが、翌1年度内までに登録手続きがない場合、修了(合格)認定は取り消しになります。

◆登録証(カード)・審判ワッペンのお届け

(1)登録料の支払いが完了すると、JBA公認ライセンス審判員として「登録完了(ライセンスの有効)」になります。
(2)登録証(カード)および審判ワッペンは、登録の完了日(登録料入金日)に応じて発送いたします。

●各種発行物の送付物/発送スケジュール
発送スケジュール

※審判活動を行う際には、審判ワッペンを常に着用します。
※審判ワッペンは、各ライセンスの初回登録(新規、昇格、降格)時の1回のみ配布します。
 ・年度ごとの再配布は行いません。
 ・同じライセンスへの再登録時の配布はございません。
※審判ワッペンを破損・紛失した場合の再発行は有料(1,620円)となります。
●審判ワッペンの再発行について (準備中)

◆ライセンスの昇格について

D級、E級のライセンス取得者は、同一年度内に上位のライセンス(C級、D級)の昇格審査を受講することが可能です。
・昇格審査に合格した場合は、同一年度内での昇格登録ができます。
・その場合の登録料は、所持ライセンスと昇格後のライセンス登録料の差額を納付します。
 (U18の場合は納付はありません)
・B級の昇格審査は、年1回の開講です。C級ライセンス取得者がB級ライセンスの取得を希望する場合は、所属都道府県協会審判委員会にご相談ください。

※S級、A級のライセンスを取得するには、ブロック・都道府県協会審判委員会からの推薦が必要となります。

昇格審査について

◆ライセンスの更新について

ライセンスを保有する審判員は、技能の維持・向上およびライセンスの有効期間の更新を目的として、「更新講習」を受講する必要があります。
 ※新規取得講習/昇格審査に合格し登録手続きをした場合、そのライセンスの当該年度の更新講習の受講は必要ありません。
 ※更新講習に合格することでライセンスの有効期間が延長(更新)されます。
 ※S級、A級、B級審判は、毎年度開催される「更新講習」を受講します。
  C級、D級、E級審判は、2年に一度(西暦奇数年度)開催される「更新講習」を受講します。
ライセンスの更新