JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

バスケットボール男女日本代表「Akatsuki Five」 アーティストGReeeeN 公式応援ソング制作決定! 〜日本スポーツ団体としては初の書き下ろし公式応援ソング〜

2019年6月25日

 当協会(JBA)は、8月に開催いたします「バスケットボール日本代表国際試合International Basketball Games 2019」及び「バスケットボール女子日本代表国際試合 三井不動産カップ2019」に向けて、性別を問わず幅広い世代に支持されるアーティスト「GReeeeN」さんによるバスケットボール男女日本代表「Akatsuki Five」公式応援ソングの制作が決定いたしましたことを、お知らせいたします。日本のスポーツ団体とのタイアップで GReeeeN さんが書き下ろし公式応援ソングを制作するのは初めてとなります。

 また公式応援ソング制作の他にも「Akatuski Five」とのスペシャル動画制作、デジタルコンテンツの制作も予定しております。
 ぜひご期待ください。

 
■ GReeeeN コメント

GReeeeNは昨年公開された映画 『走れ!T校バスケット部』 の主題歌も担当し、メンバーの92 (読み:クニ) は、中学生の頃よりバスケットボールをはじめ、自身の地元・琉球ゴールデンキングスの試合にも足を運んで応援し、戦術や采配にも注目するほどのバスケットボールファン。
バスケットボールとも縁の深い GReeeeN が「Akastuki Five」を応援します。

■ GReeeeN プロフィール

HIDE、navi、92、SOH の男性4人組、福島県で結成されたボーカルグループ。2007年1月24日シングル『道』でメジャーデビュー。メンバー全員が歯科医師免許を持ち、医療との両立のため顔を伏せて活動中。
『愛唄』『キセキ』『遥か』『オレンジ』等、デビュー以来数々のヒット曲を生み出す。
『キセキ』 は今も日本国内においてもっとも多くダウンロード販売されたシングルとしてギネス記録を持っている。
楽曲だけでなく、GReeeeN を題材にした書籍「それってキセキ〜GReeeeNの物語〜」(著・小松成美) や、映画『キセキ -あの日のソビト-』(松坂桃李・菅田将暉ダブル主演) の大ヒットにより、その〝生き方″ にも注目が集まっている。
デビュー10周年を迎えた2017年1月には、さいたまスーパーアリーナ公演「あっ、リーナ、ども。はじめまして。『クリビツテンギョウ!? ル~デル~デ♪』」を行い 16,000 人を動員。2019年は1月に映画『愛唄 ―約束のナクヒト―』(横浜流星主演) を公開。その後も MLB ニューヨーク・ヤンキース田中将大選手の登場曲 ももいろクローバーZ「背番号」、NHK「いないいないばぁっ!」番組オリジナル曲「バンバンザイ」をそれぞれ楽曲提供。そして夏には前年を上回る23公演に及ぶ7度目の全国ツアー「GReeeeN と不思議の管 ~配水の人~」 の開催が決定している。
LINE公式アカウントのフォロワーは260万人を超え、クラウドのカリスマとして彼らの歌声に耳を傾ける人が増え続けている。