JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

ハヤブサジャパン 平成27年度男子日本代表チーム 活動開始記者会見のご報告

2015年6月15日

男子日本代表候補選手27名を発表

4年ぶりの日本代表候補入りとなった最年長の田臥 勇太選手(リンク栃木ブレックス)

 本日都内にて、平成27年度バスケットボール男子日本代表チームは、本年9月23日(水)~10月3日(土)に中国・長沙で開催される「第28回FIBA ASIA男子バスケットボール選手権大会(兼 2016年リオデジャネイロオリンピック アジア地区予選)」に向けて第1次強化合宿をスタートし、日本代表候補選手発表および活動開始記者会見、そしてメディア公開練習を実施しました。
 つきましては、下記の通りお知らせいたします。
 既にご承知の通り、当協会は国際バスケットボール連盟(FIBA)の資格停止処分中ではございますが、国内の強化活動は予定通り実施してまいります。

 
■ハヤブサジャパン 平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 活動開始記者会見

日 時:平成27年6月15日(月) 15:00~15:45
会 場:味の素ナショナルトレーニングセンター 大研修室
登壇者:公益財団法人日本バスケットボール協会 強化副本部長/男子強化部長 堀井 幹也
    平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム ヘッドコーチ 長谷川 健志
    平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム スタッフ・日本代表候補選手
内 容:・主催者挨拶/平成27年度男子日本代表チーム 強化方針について
    ・平成27年度男子日本代表チーム 強化活動について
    ・平成27年度男子日本代表チーム スタッフ・選手紹介(選手コメント)
    ・スポンサー紹介

 
【記者会見 登壇者コメント】

■公益財団法人日本バスケットボール協会 強化副本部長/男子強化部長  堀井 幹也
 本日より、平成27年度男子日本代表チームは、9月に開催されるFIBA ASIAへ向けて強化活動をスタートします。このFIBA ASIA選手権は、2016年リオデジャネイロオリンピック予選であり、2017年以降、ホーム&アウェイ方式の競技方法に変更となる前の非常に重要な年となります。
 男子日本代表チームは、ここ数年、アジアでも成績を残せていない状況ですが、昨年度は課題を少し克服し、アジア競技大会では20年ぶり銅メダルを獲得することができました。今年度もベスト4入りを目標に取り組み、2020年の東京オリンピックにつながる戦いをしたいと思います。
 今回、日本代表候補選手を27名選出し、この記者会見の前にチームミーティングを行いました。コンディションの関係上、一部選手は疲労蓄積等を考慮し、第2次強化合宿より参加します。また、制裁解除後には海外遠征を実施して強化を図り、チームを作っていきます。温かいご支援、ご声援をよろしくお願いいたします。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム ヘッドコーチ  長谷川 健志
 男子日本代表チームは、残念ながら長らく世界大会に出場できておらず、オリンピックは約40年出ることができていません。そのため、目標は2020年東京オリンピックに先駆け、2019年に開催されるFIBAワールドカップに出場し、2017年からのアジア・オセアニア予選を勝ち抜くことです。オリンピックに出られるのは12チーム、FIBAワールドカップに出場できるのは32チームです。東京オリンピックの前年(2019年)に行われるワールドカップに出て、力を試してオリンピックを迎えるようにしたいと思います。
 今年度の男子日本代表チームは、本日より強化合宿をスタートし、9月に開催されるFIBA ASIA選手権で3位以内に入り、世界を目指します。日本代表候補選手はNBLとTK bjリーグ、それぞれのリーグで活躍している選手を中心に、27名を選考しました。単なるオールスターではなく、個性を持っている選手を、ベテラン・中堅・若手バランスよく選んでいます。強化は継続しなければならず、日本代表チームには伝統が必要です。2017年度以降のホーム&アウェイ方式での競技方法を考え、この27名以外にも卓越した選手、好調な選手がいれば追加召集する可能性があります。
 現状、高さやフィジカルの問題があり、日本の男子は背が低く、フィジカルは弱いです。克服すべき点ですが、なかなか難しいです。そのため、高さやフィジカルの他で、どのように日本代表のアドバンテージを作るかをテーマにしていきたいです。特に、3Pシュートは昨年のアジア競技大会で43%、2013年FIBA ASIA選手権でも数字が残せており、そこを明確にアドバンテージにしていきたいと思っています。
 今後、制裁解除の状況によりますが、海外遠征等を通じて、継続して強化を図っていきたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 田臥 勇太 選手
 日本代表候補に選ばれたことを大変光栄に思います。激しく競争していきたいと思います。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 太田 敦也 選手
 日本のために少しでも力になれるように、精一杯頑張りたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 石崎 巧 選手
 このチームに関わる全員で、リオデジャネイロオリンピックへの出場権獲得を目指して全力を尽くします。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 竹内 譲次 選手
 ベテランとして、リーダーシップを発揮して、特に若い選手の見本となるように頑張りたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 広瀬 健太 選手
 先頭を切ってハッスルしていきたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 松井 啓十郎 選手
 3Pシュートを決めて、コーチにアピールして、最終メンバー12人に残れるように頑張りたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 川村 卓也 選手
 昨シーズン、怪我をしながらも選考されて光栄に思います。怪我の状況が思わしくないので、今すぐ合宿に参加することはできませんが、怪我の程度を観察しながらぜひ参加して欲しいということで、ここに立っています。まずはしっかり怪我を治して、チームのためにできることを全力でやりたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 荒尾 岳 選手
 自分の持ち味を発揮して、チームに貢献できるよう頑張ります。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 古川 孝敏 選手
 自分らしく身体を張って競争していきたいと思います。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 栗原 貴宏 選手
 自分にできることを全力で取り組んで、チームのために頑張っていきたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 小野 龍猛 選手
 自分の力を最大限出して、チームの力に貢献したいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 渡邉 裕規 選手
 最終メンバーに残れるように、毎日練習を頑張りたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 橋本 竜馬 選手
 チームに熱を与えられるように、自分の良いところを精一杯出して一生懸命頑張ります。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 金丸 晃輔 選手
 このチームのために一生懸命頑張ります。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 辻 直人 選手
 昨年の経験を生かして、また最終メンバーに残れるように頑張りたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 満原 優樹 選手
 自分らしく身体を張ってアピールしていきたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 田口 成浩 選手
 1日1日を全力で、ひたむきに頑張りたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 比江島 慎 選手
 自分がやるべきことをしっかり理解して、チームに貢献していきたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 熊谷 尚也 選手
 チームのために、自分の力を発揮していきたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 永吉 佑也 選手
 合宿において色んなことを勉強し、さらにハッスルして頑張っていきたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 田中 大貴 選手
 チームの目標達成に少しでも貢献できるように頑張りたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 張本 天傑 選手
 元気よく明るく盛り上げていきたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 野本 建吾 選手
 何事にも積極的にチャレンジできるように頑張っていきたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 富樫 勇樹 選手
 いろんなことを吸収して、最終12名に残れるように頑張りたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 渡邊 雄太 選手
 今年度はほとんど合宿に参加できませんが、日本代表の一員として精一杯頑張ります。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 馬場 雄大 選手
 フレッシュマンとしてハッスルして頑張りたいです。

■平成27年度バスケットボール男子日本代表チーム 八村 塁 選手
 自分の個性をたくさん出して、日本のために頑張りたいです。