JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

平成29年度女子日本代表チーム アメリカ遠征 参加メンバー発表

2017年4月29日

 本年7月にインドで開催される「FIBA女子アジアカップ2017」でのアジア3連覇を目指し、強化活動を進めている「AKATSUKI FIVE」 平成29年度バスケットボール女子日本代表チームは、明日、4月30日(日)よりアメリカ遠征を開催いたします。
 この度、アメリカ遠征に参加する日本代表候補選手15名が決定しました。遠征中は、ダラス、サンアントニオ、シアトルとまわり、トレーニングを行いながらWNBAチームと練習試合(スクリメージ)を実施し、実戦強化を図ってまいります。
 つきましては、下記の通りお知らせいたします。

 
■「AKATSUKI FIVE」平成29年度バスケットボール女子日本代表チーム
 FIBA女子アジアカップ2017 日本代表候補選手 アメリカ遠征 メンバー表

【チームスタッフ】
チームリーダー 高橋 雅弘 (JX-ENEOSサンフラワーズ)
ヘッドコーチ トム・ホーバス (JBA)
アシスタントコーチ 恩塚 亨 (東京医療保健大学)
アシスタントコーチ 知花 武彦
トレーナー 岩松 真理恵 (JBA)
トレーナー 石山 静香 (株式会社リニアート)
チーフマネージャー 成井 千夏 (JBA)
マネージャー 藤田 愛奈 (JX-ENEOSサンフラワーズ)
マネージャー 木村 絵理 (トヨタ自動車株式会社)
ビデオコーディネーター 今野 駿 (JBA)
パフォーマンスコーチ 佐藤 晃一 (JBA)

【選手】
吉田 亜沙美 (JX-ENEOSサンフラワーズ)
髙田 真希 (デンソー アイリス)
大﨑 佑圭 (JX-ENEOSサンフラワーズ)
水島 沙紀 (トヨタ自動車 アンテロープス)
篠崎 澪 (富士通 レッドウェーブ)
近藤 楓 (トヨタ自動車 アンテロープス)
本川 紗奈生 (シャンソン化粧品 シャンソンVマジック)
町田 瑠唯 (富士通 レッドウェーブ)
宮澤 夕貴 (JX-ENEOSサンフラワーズ)
長岡 萌映子 (富士通 レッドウェーブ)
藤岡 麻菜美 (JX-ENEOSサンフラワーズ)
河村 美幸 (シャンソン化粧品 シャンソンVマジック)
根本 葉瑠乃 (三菱電機 コアラーズ)
馬瓜 エブリン (アイシン・エィ・ダブリュ ウィングス)
赤穂 さくら (デンソー アイリス)

※所属は2017(H29)年4月29日現在
※渡嘉敷来夢選手は、5月13日に開幕するWNBA(所属:シアトルストーム)参戦の為、4月12日に渡米しており、今合宿には参加しません。

 
■強化活動 スケジュール
<第1次強化合宿>

日程:2017(H29)年4月6日(木)~4月16日(日)
会場:味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)

<第2次強化合宿>
日程:2017(H29)年4月20日(木)~4月29日(土)
会場:味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)

<アメリカ遠征>
日 程:2017(H29)年4月30日(日)~5月13日(土)
渡航地:アメリカ ダラス、サンアントニオ、シアトル

<第3次強化合宿>
日程:2017(H29)年5月18日(木)~5月24日(水)
会場:味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)

<ヨーロッパ遠征>
日 程:2017(H29)年5月24日(水)~6月13日(火)
渡航地:スペイン、セルビア

<第4次強化合宿>
日程:2017(H29)年6月18日(日)~7月10日(月)
会場:味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)

<第5次強化合宿>
日程:2017(H29)年7月14日(金)~7月18日(火)
会場:味の素ナショナルトレーニングセンター(東京都北区)

※施設の都合により、合宿の見学はできません。
※アメリカ遠征以降のスケジュールは、変更になる場合がございます。
※各合宿の取材をご希望の方は、合宿施設への入館手続きの関係上、取材希望日の5営業日前までにJBA広報担当まで申請手続きを行なってください。

 
■平成29年バスケットボール女子日本代表チーム 国際大会情報

【大会名称】FIBA女子アジアカップ2017
【開催期間】2017(H29)年7月23日(日)~7月29日(土)
【開催地】 インド・バンガロール
【会 場】 ※未定

【出場国】全14チーム
レベルⅠ:8チーム 日本、中国、韓国、チャイニーズ・タイペイ、フィリピン、北朝鮮、オーストラリア、ニュージーランド
レベルⅡ:6チーム ※未定

【FIBAワールドカップ出場枠】
レベルⅠの上位4チームが、2018年にスペインで開催される「FIBAバスケットボール女子ワールドカップ2018」の出場権を獲得する。
※2018年大会より、女子もFIBA女子世界選手権大会から名称変更