JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

【世界最終予選特集】 GO FOR OLYMPIC 髙田 真希選手

2012年6月18日

 いよいよ、6月25日から「FIBA女子オリンピック世界最終予選(ロンドンオリンピック世界最終予選)」がトルコ・アンカラにて開幕します。

 3月14日より始動したハヤブサジャパン 女子日本代表チームは、4月1日より本格的に強化合宿をスタート。国内合宿、アメリカ遠征、女子日本代表国際親善試合、トルコ遠征を行い、準備をしてきました。
 合宿や遠征の成果、これから始まる世界最終予選世界最終に向けて、ハヤブサジャパン全15選手の意気込み、ロンドンオリンピックに賭ける想いをご紹介します。

 髙田 真希 (デンソー アイリス)

- 最終合宿を迎え、調子は上がってきていますか?
 個人的にはこれまでミドルシュートを決めきることができず調子が悪かったですが、ここに来て調子も上がってきて、シュートも入るようになってきました。そこはしっかり自信にして本番に臨めると思っています。

- 昨年のFIBA ASIA選手権後、大きな相手を前にするとどうしても構えてしまうと反省点に挙げていましたが、海外遠征や国際親善試合を経て克服できつつありますか?
 トルコ遠征ではミドルシュートを決めることができ、個人としても点数は獲れていました。その前の国際親善試合でのスロバキア戦までは肩の調子も良くなく、シュートの精度も欠いていました。しかし徐々に改善されてきて、以前に比べれば良くなっていると思います。相手の高さという部分も意識はしなくなってきていますし、割り切ってミドルシュートやドライブに行けています。「ファウルでも良いからドライブを狙え」とコーチから指示をされていますので、強くゴールに向かって行くことを心掛けています。

-チームとして、オフェンス面に対して手応えを感じていますか?
 コミュニケーションを取れるようになり、チームオフェンスもうまく行くようになってきています。さらに精度を上げながら、試合中でもしっかりコミュニケーションを取ってチームとして戦うことが大事になります。

- ディフェンスの浸透度は?
 対戦相手も決まっており、この最後の合宿ではしっかりアジャストできるように想定して練習しています。ディフェンスにはいろんな決まりがありますので、そこはしっかり体に染み付けるようにしなければいけません。一人でも違う動きをしてしまうと、チームディフェンスとしてうまく機能しなくなりますので、しっかりと決まりごとを守りながら細かい部分を突き詰めているところです。

- 自信を持って本番を迎えられそうですか?
 限られた時間の中で、中身の濃い練習をしなければいけないのですが、まだミスがあります。しかし、一つ一つのミスも声をかけ合うことで解消できると思っています。チームのコミュニケーションを高めながら、残る期間でできる限りのことをやらなければいけません。また、スタッフの皆さんは本番に向けた対策を行なってくれています。実際にコートでプレイするのは私たち選手ですので、自分たちがやらないと全てが無駄になってしまいます。短い時間ではありますが、集中して取り組まなければいけないです。

-オリンピック出場へ向けた意気込みを!
 初戦のトルコ戦が大事になります。相手のホームですので、初戦の出だしが本当に重要になります。そこで差をつけられてしまうと苦しくなるので、しっかり出だしから集中して勝ちにいきます。

- ファンの皆さんへメッセージ
 ロンドンオリンピックへ向け、これが本当にラストチャンスになります。一戦一戦をしっかりと戦って、皆さんに良い結果をご報告できるように頑張ってきます。応援よろしくお願いします。