JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

3×3日本代表:「第18回アジア競技大会」男女揃って予選ラウンド1位突破!本日、メダルが決まる決勝トーナメント開催

2018年8月26日

「パスが回して得点が獲れるようになった」と3x3に慣れはじめてきた奥山理々嘉選手

金メダルへ向けて必要なのはアグレッシヴなディフェンスとともに、「気持ち」と「集中力」を挙げた宮下 希保選手

 「第18回アジア競技大会」バスケットボール 3×3は本日8月26日(日)、早くも最終日を迎えます。昨日、3×3女子日本代表は予選ラウンド最終戦が行われ、ネパールを21-4で破って3連勝。3×3男子日本代表に続き、予選プールBを1位で突破し、決勝トーナメント進出を決めました。本日は男女とも準々決勝からスタートし、金メダルへ向かって3連戦が行われます。

■3×3決勝トーナメント 日本戦スケジュール(日本時間)
女子 17:30[準々決勝]日本 vs インドネシア
男子 18:30[準々決勝]日本 vs タイ
女子 19:35[準決勝]
男子 20:35[準決勝]
女子 22:50[決勝]
男子 23:20[決勝]

 3×3女子日本代表は1日空いたせいか、ネパールを相手に序盤は攻守ともにチグハグとなり、なかなか点数を獲ることができませんでした。「オフェンスでは個人技で打開しようとし過ぎていました」と感じていた宮下 希保選手(アイシン・エイ・ダブリュ ウィングス)。スペースを作り、ディフェンスを広げなければいけないと状況を判断し、「点数を獲ること以上に、パスを回すことを意識していました」。ボールが動き始めたことで、ようやく日本らしいリズムが生まれます。「後半にエンジンがかかってみんなの動きも良くなり、自分自身も1on1を攻めることができました」と言う奥山 理々嘉選手 (八雲学園高校 3年)は6点を挙げ、勝利に貢献しました。

 試合後、長谷川誠コーチは「内容的にはよくない。ディフェンスがソフト過ぎました。まだまだ5on5の守り方になってしまっています」と課題を指摘。ゴールが決まったあと、一度エンドラインの外に出て、仕切り直して攻守が交代する5人制とは違い、3×3ではネットを通過したボールを拾った瞬間から攻撃は開始され、オフェンスはまず2Pシュートラインの外に出て、そこからゴールを目指します。12秒間でゴールまで行かなければならず、2Pシュートラインの外に出るまでの間にいかにショットクロックを進めるプレッシャーディフェンスをするのも日本の作戦であり、大きな武器です。

 宮下選手は7月末に宇都宮市で行われた「FIBA 3×3 U23 Nations League 2018」に出場しましたが、それ以外の3人は今大会はじめて3×3の試合に出ており、ルールもまだ覚え切れていません。決勝トーナメントに進出した各チームは、「3×3に慣れているチームばかりであり、スピードが違います」と警戒し、準々決勝で対戦するインドネシアは3×3 ワールドツアーに出場しており、経験値では相手の方が上回っています。しかし予選ラウンドでは、同じく3×3経験豊富なチャイニーズ・タイペイに土壇場で逆転し、勝ったことは大きな自信にもなっています。メダル獲得に近づくためにも、「まずはアグレッシヴなディフェンスが必要です」と長谷川コーチは言い、もう一度徹底させて準々決勝に臨みます。

 3試合を終え、「だんだんチームとして良い流れでオフェンスができるようになってきています。最初は1on1ばかりでスペースも狭かったですが、ネパール戦はパスを回したり、ドライブからキックアウトをしながら得点を獲れるようになってきました。良い形でオフェンスができたことで流れは良くなってきています」と奥山選手はチームの成長を実感しています。目標は金メダルであり、それを獲るためにやってきました。そのためにも、「一番は気持ちが大事です。試合はたった10分間ですが、それでも集中力が欠けてしまう時間帯があります。それをどれだけ切らさずに、みんなで試合に集中して臨めるかということを大事にしていきたいです」と宮下選手は気合いを込めていました。

 3×3男子日本代表は、予選ラウンドで負傷した杉本天昇選手の決勝トーナメント進出は難しく、3人での戦いを強いられます。準々決勝で対戦するタイも同じくケガ人が出ており、体力と気力で上回って勝ち上がっていくだけです。

 5人制バスケットボールの予選ラウンドも全て終了し、女子日本代表は3×3と同じ時間帯に準々決勝・カザフスタン戦が行われます。男子日本代表は予選ラウンドでのグループCは2位通過となり、準々決勝はイランと対戦。9月17日(月)に大田区総合体育館で行われるFIBAワールドカップ アジア地区2次予選でもイランとの対戦は決まっており、今大会にはフルメンバーで出場しています。前哨戦であり、今後のFIBAワールドカップ予選メンバーに入るためにも8人の選手は結果を求め、最高のパフォーマンスが求められます。

■5人制 決勝トーナメントスケジュール(日本時間)
[女子]
準々決勝 8月26日(日)18:00 日本 vs カザフスタン
準決勝  8月30日(木)14:30
決 勝  9月1日(土)18:00

[男子]
準々決勝 8月27日(月)14:30 日本 vs イラン
準決勝  8月30日(木)18:00
決 勝  9月1日(土)20:30