JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

第35回ウィリアム・ジョーンズカップ 大会第4日目 ハヤブサジャパンは休息日。明日より後半戦スタート

2013年7月9日

 大会第4日目を迎えた「第35回ウィリアム・ジョーンズカップ」。9チーム総当たりによる9日間連続開催なので、各チームは順番で休息日が回ってきます。今日は日本の休息日でしたが、男子日本代表チームは日中にしっかり練習を行い、明日の試合へ向けた確認を行いながら汗をかきました。

 3連敗を喫した昨日のチーム状況を#8太田 敦也選手は、「やっぱりチームの雰囲気は暗かったです。全ての試合が良いところまでいってるのに、勝てていないというのは悔しいです」と話しています。しかし、今日の練習での選手たちは明るく、また今大会を通じてベンチメンバーもしっかり盛り上げ、チームとしての雰囲気は上向きです。「国際親善試合の時から、みんなでベンチの雰囲気を変えていこうと言ってました。結果はまだ出ていないですが、今大会の1試合目からしっかりやれているのはそこも成長したところです」と話す太田選手は、昨日の試合のベンチではタオルを振り、率先して盛り上げていました。

 今大会は、本番となるFIBA ASIA選手権大会へ向け、国際経験少ない若い選手たちが成長するための強化試合。たくさんミスをして課題を発見し、そして成長することが目的ですが、ここ3試合は消極的なプレイから起きるミスが目立ちます。「大事にいき過ぎたり、ちょっと考えすぎているのかもしれません。ミスを恐れずに思い切ったプレイをして、最後はシュートで終わらないといけないです」と、これまでの3試合を振り返った#6比江島 慎選手。しかし、昨日の試合では得点にこそなかなか結びつきませんでしたが、積極性は見えてきています。後半戦へ向け、「ドライブは出せているので、最後のフィニッシュやディフェンスを引きつけてパスを出していけば、もっと自分の良さが出せると思っています。もっと積極的にいきます。大丈夫です」と、力強く約束してくれました。

 明日、17:00(日本時間 18:00)よりアメリカ選抜チームと対戦します。昨年はbjリーグで活躍する選手もいたアメリカ選抜チームですが、今年はいません。初戦のチャイニーズ・タイペイAに惜敗した後、本日行われたチャイニーズ・タイペイB戦は101-69で圧勝。まずは1勝することを目指し、目の前の試合に全力で戦っていきます。

■大会第4日目 7月9日(火) 試合結果
チャイニーズ・タイペイB ● 69-101 ○ アメリカ選抜
エジプト ● 54-90 ○ イラン
レバノン ● 52-61 ○ 韓国
ヨルダン ● 61-91 ○ チャイニーズ・タイペイA
※日本戦なし

■大会第5日目 7月10日(水) 試合スケジュール
13:00(日本時間14:00)~ エジプト vs レバノン
15:00(日本時間16:00)~ チャイニーズ・タイペイB vs ヨルダン
17:00(日本時間18:00)~ 日本 vs アメリカ選抜
19:00(日本時間20:00)~ 韓国 vs イラン