JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

平成26年度男子U-18日本代表チーム 第1次強化合宿(ドイツ遠征) 第27回アルバート・シュバイツァー・トーナメント 第1戦試合結果報告

2014年4月21日

 平成26年度男子U-18日本代表チームは、4月19日(土)よりドイツ・マンハイムで開催されております「第27回アルバート・シュバイツァー・トーナメント」」に参加しています。
 大会初日、男子U-18日本代表チームは、地元・ドイツと初戦を対戦しました。試合結果は以下のとおりです。

■平成26年度バスケットボール男子U-18日本代表チーム
 第1次強化合宿(ドイツ遠征) 試合結果

■Game1 vsドイツ
 4/19(土) 20:10~ 会場:Halle am Herzogenried, Mannheim
 日本 ● 73-115 ○ ドイツ
 (13-38, 19-25, 13-31, 28-21)

 第1ピリオド、立ち上がり、日本は固さが見られ、シュートミスを繰り返す。すると、そこからドイツに速攻で得点を許す。さらには高さで勝るドイツに圧倒され、ゴール下で確実に加点されていく。対する日本はインサイドへの守りを強化するが、逆に外角シュートを沈められ、苦しい展開に。13-38、日本は大きく点差をつけられ、第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、日本はディフェンスでプレッシャーをかけ、リズムを掴むと、#4本村の3Pシュートや#14八村のポストプレイで応戦する。しかし対するドイツも慌てることなく、内外バランス良く得点し、得点の取り合いになる。しかしながら第1ピリオドの点差が響き、32-63で前半終了。

 第3ピリオド。日本はディフェンスでの集中力を欠き、またもやドイツの一方的な流れとなる。すかさずタイムアウトを要求し、流れを変えたい日本だったが、ドイツのディフェンスを崩すことができず、得点が伸び悩む。その間、ドイツは内外バランスよく得点を重ね、45-94と大きく離され、最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、意地を見せたい日本は、粘り強いディフェンスから速攻につなげると、#12林や#13牧の3Pシュート、インサイドでは#14八村、#15平岩の1on1から得点を挙げ、食らいついていく。その後もディフェンスを頑張り、得点を奪いに行くが、前半に大きく開いた点差を詰めることは出来ず、73-115で初戦を黒星スタートとした。