JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

女子日本代表:オリンピックプレ予選まであと2日「できることを全力で、最後までやり切りたい」本橋菜子選手

2019年11月12日

 11月14日 (木)より開幕する「FIBA 女子 オリンピック プレ・クオリファイイング・トーナメント2019 (アジア・オセアニア) 」(以下オリンピックプレ予選)へ向け、AKATSUKI FIVE 女子日本代表は本日11月12日、開催地となるマレーシアへ出発しました。

 対戦チームのロスターが発表され、チャイニーズ・タイペイは9月に行われたFIBA 女子アジアカップでは2人しかいなかった180cm台を5人に増やしてきました。また、FIBAランキング2位のオーストラリア(日本は同10位)は、昨年のFIBA 女子ワールドカップ 2018の得点王であり、WNBAラスベガス・エースズで活躍するリズ・キャンベージ選手(203cm)が出場。強い相手、大きな相手との戦いを求め、早々に今大会への出場を志願していた渡嘉敷来夢選手(JX-ENEOSサンフラワーズ)にとって、新たな挑戦となります。

 アジアカップ4連覇から1ヶ月余り、期間を空けずに国際大会が行われることに対し、「対戦相手のことを少しは分かっている部分もあるので、そこは生かしていきたいです」と前向きに捉えるのは、アジアカップMVPの本橋菜子選手(東京羽田ヴィッキーズ)です。逆に女子日本代表は選手が入れ替わり、復帰した吉田亜沙美選手(JX-ENEOSサンフラワーズ)と一緒にプレーするのはこれがはじめてとなり、新たな発見や刺激がありました。

「間近で練習を見ていると、その取り組み方から学ぶことが多いです。また、吉田さんがいると練習も引き締まるとすごく感じています。パスの出し方であったり、一つひとつのプレーに対してのフェイクの入れ方などがすごく上手くて、さすがだなぁというのは実感します。今回の合宿がはじまる前に吉田さんがいることを聞かされましたが、今まではWリーグでの対戦相手として試合会場でしか見る機会がありませんでした。練習や取り組む姿勢を間近に見られることが勉強になりますし、うれしいことです」

 オリンピックへ向け、どのポジションも激戦区ではありますが、今年はポイントガード争いが注目されてきました。昨年のFIBA女子ワールドカップで先発を任されていたのは本橋選手でしたが、今年は町田瑠唯選手(富士通レッドウェーブ)がその役割を担い、さらに吉田選手が復帰。アジアカップから抜擢されている渡邉亜弥選手(三菱電機コアラーズ)は、日本のスタイルを把握して臨む今大会での活躍が期待されます。また、ケガのためにこれまでチャンスを逸してきた藤岡麻菜美選手(JX-ENEOSサンフラワーズ)なども控えています。

 しかし、当事者である本橋選手は「まわりが言うほど、ガード争いに関しては考えていません」と集中しています。「自分のやるべきことをしっかりやるだけですし、それで結果がついて来なくても後悔はないというスタンスでいます。自分のできることを全力で、最後までやり切りたいです」と自身の強みを生かして、大会に挑みます。

 吉田選手も「良い刺激になっているし、ポイントガードの3人はそれぞれスタイルが違うので、相手のガードが困ると思います。本橋選手も渡邉選手もすごく良い選手ですし、スピードもあり、パスセンスもシュート力もあります。誰が出ても通用すると思っています」と話すとともに、大会に向けてコンビネーションの精度を高めることに注力していました。トム・ホーバスヘッドコーチも同じく、「それぞれの役割が全然違う」ことを強調しており、それぞれの特長を生かしながら勝利を目指していきます。

 このオリンピックプレ予選はアジア・オセアニア地区の各4チームが2グループに分かれ、それぞれ上位2チームが来年2月に開催される世界最終予選へ進みます。開催国枠としてオリンピックへの切符を獲得している日本は、世界最終予選への出場も決まっています。そのため、同グループの3チームは1枚しかない切符を争うこととなり、タフなオリンピックへ向けた前哨戦がはじまります。この試合の模様は、FIBA公式YouTubeにて配信される予定です。

■FIBA 女子 オリンピック プレ・クオリファイイング・トーナメント2019 (アジア・オセアニア)

期間:2019年11月14日 (木) 〜 17日 (日)
開催地 (会場):マレーシア・クアラルンプール (会場:MABA Stadium) ほか
出場国:8か国
<グループA> 韓国、ニュージーランド、フィリピン 、中国
<グループB> 日本、オーストラリア、チャイニーズ・タイペイ、インド

【試合日程(日本時間)】
11月14日(木) 21:00 日本 vs インド
11月16日(土) 21:00 日本 vs チャイニーズ・タイペイ
11月17日(日) 19:00 日本 vs オーストラリア