JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

「BASKETBALL ACTION 2020 SHOWCASE」バスケットボールファミリーが集結し、日本を元気に!

2020年8月17日

東京オリンピック・パラリンピックの主役となる全カテゴリーが集結

車いすバスケ日本代表の魅力を伝えるデモンストレーション

 日本全体がコロナ禍における不安な状況の中、『バスケで日本を元気に!』と掲げたスローガンの下、AKATSUKI FIVE 日本代表、3×3日本代表、車いすバスケ日本代表の東京オリンピック・パラリンピックの主役となるバスケットボールファミリーが国立代々木第一体育館に集結。8月16日(日)、「BASKETBALL ACTION 2020 SHOWCASE」を開催しました。

 無観客イベントでしたが「バスケットLIVE」で無料配信され、また会場に設置された大きなビジョンでは応援するファンの姿が映し出され、SNSと連動しながら声援ツイートが表示されるなど、新しい観戦スタイルは選手たちにも好評です。「(ビジョンは)試合中もチラチラ目に入っていました。それを見ていたら良いメッセージや応援している皆さんの顔が見えて、無観客でしたが本来の試合と同じような雰囲気を味わうことができました」というのは女子日本代表の髙田真希選手(デンソーアイリス)です。男子日本代表の篠山竜青選手(川崎ブレイブサンダース)も「こういう時代だからこそ便利なものを使って、少しでも距離を縮めるような感覚でファンの皆さんと交流できるようなものを、今後も各クラブが工夫してできれば良いと思います」と話し、今シーズンのBリーグやWリーグでの新しい試みにも注目です。もちろん満員のアリーナでのプレーを選手たちは一番求めており、一日も早くこの状況が収束するのを願っています。

 「このイベントが実現でき、車いすバスケプレーヤーとしては本当にありがたいことですし、今後につながる良いきっかけになったのではないかと思います」という男子車いすバスケ日本代表の豊島英選手(宮城MAX)にとって、はじめて国立代々木第一体育館のコートに立ちました。7月から代表強化合宿をスタートさせていますが、「緊急事態宣言など自粛を強いられていた期間に低下した持久力や筋力を回復させている段階」と京谷和幸ヘッドコーチは明かし、コンディションが整わずに今回は4選手の出場に留まりました。イベント終了後、「次回は5対5の激しい試合をお見せします」と京谷ヘッドコーチは約束。今年度の大会は全て中止となりましたが、「今回をきっかけに車いすバスケを楽しんでくれた方もたくさんいると思います。これから大会ができるようになったら必ず会場に来ていただき、今後も一緒に楽しく盛り上がっていきましょう」と豊島選手はアピールし、再開が待ち遠しいです。

 チームによって練習環境はまだ区々であり、コンディションが整わない中でのイベントでしたが、「少しでも見てもらう人に何かを感じてもらえるよう、真面目に準備し、真剣なぶつかり合いをお見せできたと思います。そこに関してはホッとしています」と篠山選手は言い、少しでも勇気や元気を届けられていれば幸いです。久しぶりに観戦するファンの前で試合ができた選手たちも様々な思いを持っていました。

 3×3男子日本代表の小松昌弘選手(TOKYO DIME.EXE)は「このような大きな会場で、無観客とはいえオンラインで多くの方が観てくださっている中でのプレーは緊張感がありました。日の丸をつけてバスケをすることに誇りを持っているとともに、責任があることをあらためて感じました」と再びスイッチを入れ、来年のオリンピックに向かっていきます。

 「5人制女子代表 Showcase by 三井不動産」では56-49と前半をリードしたのはTeam Power。11点、8リバウンドの活躍を見せた渡嘉敷来夢選手(ENEOSサンフラワーズ)は、「久しぶりの日本代表としてのゲームでしたが、女子の良いところをたくさん出すことができ、とても楽しめました」。東京オリンピックで金メダル獲得を目標にする女子日本代表は、スピードある速い展開でコートを走り回り、どこからでも3Pシュートを射貫くハイペースで得点を挙げ、その魅力を存分に発揮しました。

 代表経験者(Team Action)vs 若手(Team Power)にチーム分けされた「5人制男子代表 Showcase by SoftBank」。2016年FIBA U19日本代表として、八村塁選手(ワシントン・ウィザーズ)らとともに世界の舞台に立ったマーフィー アイザイア選手 (広島ドラゴンフライズ)が第3クォーターだけで9点を挙げ、Team Powerを引っ張ります。「マーフィーは広島で主力として活躍すると対戦してみて思いました。あらためてスカウティングしてBリーグの試合に臨まないといけないし、要注意人物の一人になったと感じています」と篠山選手も絶賛します。しかし試合の方は、篠山選手と富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)がツーガードで翻弄し、前半の女子日本代表から引き継いだ得点をひっくり返したTeam Actionが、96-86で逆転勝利。後半だけの得点を抜き出せば、Team Action 47-30 Team Powerで圧倒し、経験の差を見せつけました。

 男子車いすバスケ日本代表はパラリンピックへ向けてすでに始動しており、男女日本代表と男女3×3日本代表も11月より再開を目指して準備しています。1年延期となった東京オリンピック・パラリンピックへ向け、各選手たちの抱負を最後にご紹介します。

■AKATSUKI FIVE 男子日本代表候補 篠山竜青選手
「日々の積み重ねが大事になります。全てのBリーガーをはじめ、大学生や高校生も含めてみんながオリンピックを目指して新たにスタートを切った状況です。今夏、各カテゴリーで大事な大会が中止になってしまいましたが、皆さんが少しでも前向きに捉えられるように、オリンピックを目指して前を向いて準備していければ良いと思っています」

■AKATSUKI FIVE 女子日本代表候補 髙田真希選手 
「日本代表としてまとまった練習はできないですが、チームとして金メダルを獲る目標は変わりません。一人ひとりが今置かれた場所で技術や気持ちを高めて準備していきます」

■3×3男子日本代表候補 小林大祐選手(茨城ロボッツ / UTUNOMIYA BREX.EXE)
「代表メンバーで集まる機会は少ないですが、5人制の選手は3×3のボールを触り続けたり、個人で取り組んでいます。来年のオリンピックではすごい結果が出ると思っています」

■3×3女子日本代表候補 篠崎澪選手(富士通レッドウェーブ)
「3×3女子日本代表は3×3の経験が足りない選手も多いので、この1年間でしっかり準備をしてオリンピックに向かっていきたいです」

■車いすバスケットボール男子日本代表候補 豊島 英選手
「今年開催できなかったのは残念ですが、選手だけではなく、世界中の方が前向きに捉えています。来年の実施を信じてトレーニングを積んで、結果を出せるように前向きにこの1年間取り組んでいきたいです」