JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

JX-ENEOSウインターカップ2013 第1日目 男女1回戦 -初出場では千葉英和が初戦突破-

2013年12月23日

 「東日本大震災復興支援 JX-ENEOSウインターカップ2013 平成25年度 第44回全国高等学校バスケットボール選抜優勝大会」が東京体育館にて開幕。第1日目は男女1回戦24試合が行われました。

 女子1回戦、本大会初出場を果たした千葉英和(千葉)が聖和学園(宮城)に75-64で勝利。本日登場した初出場校の中で唯一、初戦を突破しました。日中韓交流競技大会で女子U-18日本代表に選出された英明#5中山 樹選手は、24試合全ての中で最高となる45得点を挙げ、京都精華女子(京都)を87-69で破り2回戦進出。女子1回戦が全て終わり、明日12月24日(火)は高校3冠を目指す桜花学園らシード校が登場する2回戦へ突入。初出場ながら2回戦から登場する鵬学園(石川)は慶進(山口)と対戦し、初戦突破を目指します。

 6試合が行われた男子1回戦。Dコートでは入場規制がかかるほどの盛り上がりを見せる中、男子初戦となった八戸工業大学第一vs如水館は、106-65で如水館が勝利。昨年の広島大会に続き、2度目の出場となった如水館の#8伊東 瞬選手は、44点・27リバウンドをマークし大活躍。2年ぶり2回目の出場となった県立宇部工業(山口)は新田(愛媛)との接戦を1点差で振り切り、77-76で初勝利。明日は残る男子1回戦12試合が行われます。

 明日の会場内JX-ENEOS特設ブースには、JX-ENEOSサンフラワーズの選手が来場し、10:00~10:30にサイン会を実施。参加選手は宮澤 夕貴選手、大沼 美琴選手、川上 麻莉亜選手、中村 優花選手の4名。また、「ドーピング防止教育啓発活動」にもJX-ENEOSサンフラワーズの高橋 礼華 選手と木林 稚栄選手が参加します。ご協賛いただいている久光製薬株式会社より「エアーサロンパスジェットα」のサンプル品を無料配布(お一人につき1本)は明日まで。前売チケットはチケットバスケットなどで好評発売中です。

 明日行われる女子2回戦、男子1回戦の全28試合もJ SPORTSにて生中継。大会サイトでは試合速報・戦評、フォトギャラリー、現地レポートは随時配信していきます。開幕戦となった本日は、多くの方にご来場いただきまして、ありがとうございました。引き続き明日も、ご声援を送っていただきながらお楽しみください。