JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

【世界最終予選特集】 GO FOR OLYMPIC 木林 稚栄選手

2012年6月18日

 いよいよ、6月25日から「FIBA女子オリンピック世界最終予選(ロンドンオリンピック世界最終予選)」がトルコ・アンカラにて開幕します。

 3月14日より始動したハヤブサジャパン 女子日本代表チームは、4月1日より本格的に強化合宿をスタート。国内合宿、アメリカ遠征、女子日本代表国際親善試合、トルコ遠征を行い、準備をしてきました。
 合宿や遠征の成果、これから始まる世界最終予選世界最終に向けて、ハヤブサジャパン全15選手の意気込み、ロンドンオリンピックに賭ける想いをご紹介します。

 木林 稚栄 (JXサンフラワーズ)

- 最終合宿まで残った感想は?
 最初から最終メンバー12名に残るという目標で臨んでましたし、アメリカ遠征ではそれなりに手応えは感じていました。チームの戦力になれるように頑張ってきましたが、スロバキア戦やトルコ遠征では良い結果が出せず、トルコ遠征が終わった時に落とされるかなという不安はありました。こうして最終合宿に残らせていただいている以上、チームのために頑張ります。

- トルコ遠征で出来なかった点を、この最終合宿でどう改善するよう努めていますか?
 トルコ遠征では消極的になることが多かったです。最終合宿まで残ったわけですから、一生懸命に走って、飛んで、全てにおいて積極的に取り組んでいます。

- チームから求められている役割は、この2ヶ月半で変わってきていますか?
 最初に選ばれた時はリバウンドが自分の役割だったと思います。これまでの海外遠征等ではなかなかその点では活躍できておらず、その点はもっと期待に添えるよう頑張らなければいけません。それに加えて、大きな選手を守ることができるディフェンス力も求められています。またオフェンス面では、ペイントエリアより少し外側から正確に決めることを意識しています。

- 最終合宿ではチームとしてどう意思統一を図っていますか?
 大神キャプテンが戻ってきたことで、チームの在り方やもっと声を出そうなど率先してまとめてくれています。そのひとつひとつに応えられるようにしっかりついて行こうと思ってます。

- 2ヶ月間でチームが成長した部分は?
 最初に比べればコミュニケーションが取れるようになりました。また、選手それぞれの得意なプレイも把握できたので、やりやすくなりましたし、チームとしても合わせやすくなりました。アメリカ遠征ではやりにくく、おかしくなってしまった場面もありましたが、しっかり確認し合いながら練習してきましたので、チームはまとまってきています。

- オリンピック出場へ向けた意気込みを!
 今までの海外遠征ではリバウンドが獲れませんでしたが、シュートやディフェンスよりも自分の仕事であるリバウンドを獲ることを頑張ります。また、ベンチではコートにいる選手に対してできる限りのサポートをしますし、盛り上げることも好きなので、しっかり声を出してチーム一丸となって戦い、みんなでオリンピックに行きます。

- ファンの皆さんへメッセージ
 本当に最後まで一生懸命頑張りますので、ファンの皆さんもぜひ最後まで応援をよろしくお願いします。