JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

【世界最終予選特集】 GO FOR OLYMPIC 間宮 佑圭選手

2012年6月19日

 いよいよ、6月25日から「FIBA女子オリンピック世界最終予選(ロンドンオリンピック世界最終予選)」がトルコ・アンカラにて開幕します。

 3月14日より始動したハヤブサジャパン 女子日本代表チームは、4月1日より本格的に強化合宿をスタート。国内合宿、アメリカ遠征、女子日本代表国際親善試合、トルコ遠征を行い、準備をしてきました。
 合宿や遠征の成果、これから始まる世界最終予選世界最終に向けて、ハヤブサジャパン全15選手の意気込み、ロンドンオリンピックに賭ける想いをご紹介します。

 間宮 佑圭 (JXサンフラワーズ)

- 最終合宿でのチーム状況、また自身の状態は?
 今は最終段階まできており、対策は相手チーム以上に強く取り組んでいかなければいけません。その中で、自分の持ち味を出せるように頑張っています。しかし、丁コーチや大神キャプテンにも「まだまだ」と言われていますので、自分が意識している以上にもっとやらなければいけないということが伝わってきます。1回1回の練習では全力で取り組んでいますし、今は我慢の時期だと思います。まだうまく表現できていない時がありますが、このままいけばしっかりプレイに出せるという実感はつかんでいます。今は頑張り続けることが必要だと感じています。

- これまで海外遠征などを行なってきて、手応えや自信になってることは?
 気持ちの面で、相当自信につながっています。しかし、まだプレイに関して、良い時にはドライブやジャンプシュートを決められますが、まだ雑な部分が残っていることも分かっています。この最終合宿で一つ一つのプレイの正確さを意識しています。小嶋コーチや審判の方にも、自分のプレイについて細かく指摘してもらっています。選手としての成長にとって大事なことですし、自分の出来がチームの勝利にもかかってくると痛感しています。

- 全員が100%の力を出せるようにするためには?
 試合で100%以上出すことは、みんなが分かっていることです。その時の選手個人の調子がありますし、調子が出なかったり、うまくできない時こそ、力を発揮できるようにするために、これまでの海外遠征などの経験が生きてくると思っています。練習でうまくいかなかった時は、みんなで集まって「気持ちを入れ直そう」など声をかけ合っています。個々の気持ちの強さは、みんな持ち合わせています。

- 最終合宿まできましたが、チームづくりは順調に進んでますか?
 もう本番までは海外チームと対戦できませんが、アメリカ遠征やトルコ遠征で得た経験を紐解きながら、どう自分が動いたほうがいいかなど、良いイメージを練習に出せるようになってきています。意識を高めて、コミュニケーションを取り合うことでミスも減らせていけます。短い期間ではありましたが、大丈夫です。

- オリンピック出場へ向けた意気込みを!
 昨年とは立場が違う位置にいることは自覚しています。昨年までは日本代表に残ることが一番でしたが、今年はその先を見据えてチームに貢献したいです。ただ、先を見すぎて足元をすくわれてもいけないので、着実に自分の成長の第一歩だと思って頑張りたいです。まずはトルコ戦に集中しながら、ひとつひとつ確実に勝ってロンドンオリンピックに出場します。

- ファンの皆さんへメッセージ
 いつも本当に応援していただきありがとうございます。いつもはおちゃらけていますが、日本代表としてしっかり気合いを入れて、ロンドンオリンピック出場を目指して戦ってきます。応援よろしくお願いします。