JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

【世界最終予選特集】 GO FOR OLYMPIC 大庭 久美子選手

2012年6月20日

 いよいよ、6月25日から「FIBA女子オリンピック世界最終予選(ロンドンオリンピック世界最終予選)」がトルコ・アンカラにて開幕します。

 3月14日より始動したハヤブサジャパン 女子日本代表チームは、4月1日より本格的に強化合宿をスタート。国内合宿、アメリカ遠征、女子日本代表国際親善試合、トルコ遠征を行い、準備をしてきました。
 合宿や遠征の成果、これから始まる世界最終予選世界最終に向けて、ハヤブサジャパン全15選手の意気込み、ロンドンオリンピックに賭ける想いをご紹介します。

 大庭 久美子 (デンソー アイリス)

- 最終合宿でのチームの状況や自身の状態は?
 今は最終段階まできており、対策は相手チーム以上に強く取り組んでいかなければいけません。その中で、自分の持ち味を出せるように頑張っています。

- ここまで海外遠征などを行なってきて、手応えや自信になってることは?
 海外では当たりが強いので、そこを対処するセンターへの寄りなど細かい部分は出来始めていると思います。個人としては相手の方が高い分、スピードでカバーできるように走ったり、走り出しの速さを意識して、もっと高めて行きたいです。

- 残りわずかの期間でやるべきことは?
 自分の役割として外角シュートをしっかり決めていかなければなりません。また、練習中に5on5を行なっていますが、想定する相手チーム以上にしつこいプレイするように心掛けていますし、本番になった時に楽に感じられるように強いプレイを意識しています。

- スクリメージ中も目的がはっきりしていることで、動きも良いと感じますが?
 相手は高さもあるので、ミスしてもしっかり自分たちが目指すバスケットをし続けなければいけません。そして、シュートまでしっかり持っていけるように取り組んでいます。

ー 本番で対戦するトルコに勝ったことは自信につながってますか?
 実際に対戦するチームに勝ったことは絶対にプラスになると思ってます。本番はまた違う戦いになるのは分かっていますが、勝ったことはチームにとってプラスになっています。しかし個人的には、トルコ遠征を通じて、シュートの確率があまり良くなかったので、もう少し積極的に打つことを心掛けたいです。また、ディフェンスも弱い部分があったので、もっと強くあたる必要は感じています。ボックスアウトはチームで徹底してきたことが少しずつ良くなってきています。

- 気持ちの面ではどのように本番へ向けて準備していますか?
 やっぱり1日1日の練習で準備するしかありません。一つ一つの細かいことを、できることをしっかりやって準備するだけです。

- オリンピック出場へ向けた意気込みを!
 最終メンバーに残るために練習からアピールしていくことはもちろん、コートに立つチャンスをがあれば自分の持ち味を生かして、しっかり勝ちにいき、ロンドンオリンピック出場を勝ち取ってきます。

- ファンの皆さんへメッセージ
 遠いトルコで試合が行われますが、皆さんの応援が私たちの力になります。ロンドンオリンピック出場を目指して頑張りますので、ぜひ応援をよろしくお願いします。