JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

男子日本代表:イラン戦へ向けて前日練習を実施『ファンの皆さんも見ていてすごく楽しくなるのではないか』八村塁選手

2018年9月16日

日本代表としての戦いを楽しむ渡邊雄太選手(左)と八村塁選手(右)

プロとなったことで「プレーのバリエーションが広がった」と存在感を示す馬場雄大選手

 FIBAワールドカップ アジア地区 2次予選(Window4)は、9月17日(月・祝)17:10より大田区総合体育館にイランを迎えてホームゲームが行われます。AKATSUKI FIVE 男子日本代表は、カザフスタン戦から変わらぬ12名でイラン戦に挑みます。1次予選ではグループD首位通過し、現在6勝1敗のイランについて、「長い間同じメンバーで戦い、世界を経験している完璧なチーム」とフリオ・ラマスヘッドコーチは警戒しています。

 カザフスタン戦で機能したディフェンスはそのまま継続し、「オフェンス面はもう少し精度を高めて臨まなければいけません。イランのような強い相手にはミスが命取りになるので、完璧なゲーム展開を目指さなければなりません」とラマスヘッドコーチは話しており、今日の練習でもオフェンスの確認と修正に力を入れていました。

 アメリカで活躍する渡邊雄太選手(メンフィス・グリズリーズ)と八村塁選手(ゴンザガ大学)にとっては、凱旋試合となるホームゲーム。八村選手は、Window3でオーストラリアを破る原動力となり、大きなインパクトを残しました。「日本全体として今はレベルがすごく上がってきており、カザフスタン戦は見ている人以上に僕が戦っていてすごく楽しかったです」と渡邊選手も手応えを感じています。

 八村選手は、「みんなが楽しんでプレーできていると思います。ファンの皆さんも、見ていてすごく楽しくなるのではないかと思います」とアピール。渡邊選手も「イラン戦はもっと楽しい試合になると思います。当然、勝負なので真剣に臨みますが、その中でも楽しんでプレーしているところを日本の皆さんに見せられれば、日本一丸となって全員で楽しめる試合ができるのではないかと思っています」と続けました。

 昨シーズン、大学生ながらプロの道を選択した馬場雄大選手(アルバルク東京)は、「全てがメリットでしかなく、プレーのバリエーションもすごく広がった部分もあります」と話すとおり、カザフスタン戦でも思い切ったプレーでゴールへ向かっています。「A東京では(田中)大貴さんの代わりに2番ポジションで出る機会があり、日本代表でも雄太さんが来たことで、2番でも3番でもいろんなバリエーションに対応できるようになったと思います」と成長した姿が見られており、イラン戦でも存在感を示してくれると期待しています。

 イランは先日のホームゲームでのフィリピン戦で21点を挙げた#14サマド・ニックハ・バハミ選手も、218cmの#15ハメッド・ハダディ選手も来日しませんでした。しかし、身長差と経験値で上回っているイランが強豪であることは変わりません。「それでも、僕たちのバスケットをしっかり出せれば勝てる試合です」と渡邊選手と八村選手は声を揃えていました。馬場選手も「勝つことしか考えていないので、やるだけです」と強気で、4連勝に向かって挑みます。

■2次予選【グループF】(※9月14日現在)
1位 オーストラリア:6勝1敗(85.7%)勝ち点13(得失点差+185)
2位 イラン:6勝1敗(85.7%)勝ち点13(得失点差+111)
3位 フィリピン:4勝3敗(57.1%)勝ち点11(得失点差-20)
4位 日本:3勝4敗(42.9%)勝ち点10(得失点差+20)
5位 カザフスタン:3勝4敗(42.9%)勝ち点10(得失点差-31)
6位 カタール:2勝5敗(28.6%)勝ち点9(得失点差-109)

■FIBAワールドカップ アジア地区 2次予選(Window4)
9月17日(月)17:10 HOME 日本 vs イラン(大田区総合体育館 ※チケット完売)
【TV中継】
9月17日(月)17:00〜19:30 BSフジ(生中継)
9月17日(月)17:00〜19:30 フジテレビNEXT(生中継)
【LIVE動画配信】
DAZN 9月17日(月)17:00〜
【LIVE STATS】
http://www.fiba.basketball/basketballworldcup/2019/asian-qualifiers/game/1709/Japan-Iran