JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 2次予選 Window5:日本85-47カタール 後半に爆発した日本が圧倒し、がけっぷちから5連勝

2018年11月30日

富山の大きな声援を受けてカタールを圧倒し、5連勝

ポイントガードとしても対応し、12点を挙げた田中大貴選手

 「FIBAバスケットボールワールドカップ2019 アジア地区 2次予選」Window5(以下FIBAワールドカップ予選)は富山県・富山市総合体育館にて、ホーム2連戦の初戦となるカタールと対戦。前半こそ31-32とリードを許しましたが、後半はしっかり対応したことでカタールの得点を15点に抑えます。85-47で圧倒したことで、がけっぷちから5連勝(4敗)し、ついに勝ち星が先行しました。

 立ち上がりは日本のゾーンディフェンスに対し、カタールは思うように攻められず、リバウンドを奪ってオフェンスに転じる日本らしい展開で得点を重ねて行きます。第1クォーター終了時、不運にも相手に3Pシュートを決められましたが、20-15とペースを握ったのは日本の方でした。第2ピリオド、3Pシュートを決めた#6比江島慎選手(ブリスベン・ブレッツ)が存在感を示しましたが、直後に3つ目のファウルを犯し、交代を余儀なくされます。すると徐々にカタールに詰められ、#6Fouda選手のシュートで25-27と逆転を許します。続けて、#2富樫勇樹選手(千葉ジェッツ)がシュート後に足を痛め、苦悶の表情でベンチに下がり、日本はピンチを迎えます。逆にチャンスを得たカタールはオフェンスの積極性が増したことでディフェンスも良くなり、流れを持って行かれました。31-32とリードを許したまま前半を終えます。

 FIBAワールドカップ予選では初対戦であり、さらにヘッドコーチが代わったことで新戦力を起用するカタールに対し、対応力が試される後半。比江島選手の矢のようなパスを受けた#22ニック・ファジーカス選手(川崎ブレイブサンダース)がしっかりと決め、33-32とすぐさま逆転に成功します。比江島選手がノーミスで3本目の3Pシュートを決めて44-35。さらに、ダメ押しとなる地元富山出身の#18馬場雄大選手(アルバルク東京)が見せ場を作ります。バスケットカウントでダンクシュートを決め、46-35と二桁点差に広げます。後半はカタールに15点しか与えなかった日本のディフェンスが起点となり、メンバーが変わっても勢いは衰えないまま85-47で圧倒し、5勝目を挙げました。

 フリオ・ラマスヘッドコーチは、「ディフェンスを激しくしたことで相手のミスを誘い、リバウンド(49:26本)でも、アシスト(25:11本)でも上回ることができ、後半は全てにおいてカタールを圧倒することができました」と勝因を挙げます。富樫選手が負傷したことにより、点差を引き離した第3クォーターのバックコート陣は比江島選手、#24田中大貴選手(アルバルク東京)、馬場選手のビッグラインナップで凌いだのも、大きな成果でした。田中選手は、「なるべくセットオフェンスになる前にボールをどんどん前に飛ばして仕掛けて行くことを意識」し、日本らしい速い展開が功を奏します。

 これまでの得点源であった渡邊雄太と八村塁はいませんでしたが、19点/10リバウンドのWダブルの活躍をしたファジーカス選手を筆頭に、馬場選手が13点、比江島選手と田中選手も12点を挙げ、4人の二桁得点者を輩出。さらに竹内譲次選手は9点/8リバウンド、ベンチメンバーの古川孝敏選手と張本天傑選手も8点と続き、層の厚さを証明することもできました。ファウルトラブルとなった比江島選手でしたが、「後半はアグレッシブに攻めて行くことを決めていました」と引かなかったことで点数を伸ばし、勝利に導いてくれました。

 次戦は12月3日(月)19:00より、同じくホーム富山市総合体育館にてカザフスタンと対戦します。そのカザフスタンはフィリピンを破り、3位争いが混戦模様となってきました。直接対決で2敗していますが、3位のフィリピンに勝率で並びます。勝ったカザフスタンも、4勝5敗と1ゲーム差に迫ったことで、次戦は強気で向かってくることでしょう。気持ちで引かないことが重要であり、カタール戦同様にすでに完売している会場を赤く染め、ともに戦うファンの皆さんの力が必要になります。

■FIBAワールドカップ アジア地区 2次予選(Window5)
12月3日(月)19:00 HOME 日本 vs カザフスタン(富山市総合体育館 ※チケット完売)

【TV中継】フジテレビ
日本 vs カザフスタン
12月3日(月) 深夜2:40〜4:55 フジテレビ地上波(関東ローカル)および富山テレビ
12月3日(月) 18:40〜21:30 CS放送 フジテレビNEXT(生中継)

【LIVE動画配信】DAZN
日本 vs カザフスタン
12月3日(月) 18:40〜(LIVE配信)