JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

男子日本代表:JAPAN MADNESS開幕まであと8日「1番(ポイントガード)をチャレンジしたい」田中大貴選手

2019年8月4日

FIBAワールドカップの対戦相手に対抗すべく、ポイントガードにコンバートした田中大貴選手

これまで全試合に出場する篠山竜青選手

 名古屋での第4次強化合宿が続くAKATSUKI FIVE 男子日本代表チーム。FIBAランキング38位のニュージーランド(日本48位)を迎える「バスケットボール日本代表国際試合 International Basketball Games 2019」の初戦まで、あと8日。フリオ・ラマスヘッドコーチは「相手ではなく、我々のスタイルに集中して臨みたい」と話しており、その準備に勤しんでいます。

 「FIBAワールドカップ2019」(8月31日開幕)で対戦するチェコのポイントガードであるトーマス・サトランスキー選手(シカゴブルズ)は201cmと大きく、トルコもアメリカも同様に身長差が生じます。「ヨーロッパのサイズに対抗するためにも、田中選手をポイントガードとして起用することを考えています。バスケIQが高く、ゲームを読む力があり、もちろん我々のシステムを全て頭に入っており、ボールをさばく能力にも長けています」とラマスヘッドコーチはその素質を見出します。

 田中大貴選手(192cm/アルバルク東京)自身もFIBAワールドカップや来年のオリンピックを見据え、「1番(ポイントガード)をチャレンジしたい」と志願しました。「世界のポイントガードは190cm台がゴロゴロいるのが当たり前です。そのポジションのサイズアップをラマスヘッドコーチは来日した時から考えていたと思いますし、自分がそのポジションをすることでもっとこのチームの幅が広がるのではないかという考えを持っていました」と日本代表のために覚悟を決め、新たなポジションに挑みます。

 アルバルク東京や日本代表でもボールを運ぶシーンは増えており、「今のバスケの流れとして、ポイントガードだけではなく上にいる3人がプッシュすべきだと思います。比江島選手と一緒に出るときは、ボールハンドラーとして良い流れを作れるようにしたいと考えています」。比江島慎選手(宇都宮ブレックス)も「大貴が困っている時は自分がポイントガードとしてコールをしたり、少しでも手助けしていきたいです」というガードコンビの活躍も楽しみです。

 アルバルク東京の先発ポイントガードの安藤誓哉選手は、ウィリアム・ジョーンズカップでの活躍が評価され、今合宿への参加資格をつかみました。過去2シーズン、ルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチの下で学び、A東京でBリーグ2連覇を果たした安藤選手は、「2年前と今では大きく成長できているという自信はあります」。約1ヶ月間、マンドーレ エルマンアシスタントコーチから日本代表が目指すスタイルを吸収し、「まずディフェンスをハードに仕掛け、ガード陣のリバウンド力が国際大会では特に大事になってきます。オフェンスでは常にボールプッシュを心がけ、ペイントタッチから外にキックアウトすることなどを徹底していきたいです」とFIBAワールドカップメンバー入りを目指します。

 FIBAワールドカップ アジア予選の12試合を全うした篠山竜選手(川崎ブレイブサンダース)。ニック・ファジーカス選手(川崎ブレイブサンダース)と渡邊雄太選手(メンフィスグリズリーズ)、八村塁選手(ワシントンウィザーズ)のBIG3がはじめて揃い、「3人ともサイズが大きくシュートレンジも広いので、アドバンテージをたくさん作れる期待があります。その中でどれだけペイントに侵入して、相手のディフェンスを収縮させられるかというのがポイントになってきます。ピック&ロールゲームやポストアップでも、彼らにはペイント内でアドバンテージを取って欲しいです。相手のディフェンスを収縮させられるからこそ、外角のシューター陣も生きてきます。そこを意識しながらガードとして組み立てていきたいです」とバリエーションを増やし、世界への戦いに備えます。

 FIBAワールドカップに出場できる最終メンバーは12名です。「まだまだ16名であり、最終メンバーに残るためのアピール合戦だと思っています。高い緊張感を持って少しでもワールドカップに向けて良い内容だったと言えるように、今後の試合を通じて準備していきたいです」と篠山選手は気を引き締め、本日も質の高い練習に励んでいます。

 初戦となる8月12日(月)に千葉ポートアリーナで行われるニュージーランド戦のチケットはすでに完売しています。さいたまスーパーアリーナで開催される8月22日(木)「アルゼンチン戦」、8月24日(土)「ドイツ戦」、8月25日(日)「チュニジア戦」は好評発売中。完売している席種もありますので、チケットのお求めはお早めに!

■バスケットボール日本代表国際試合 International Basketball Games 2019

【千葉会場】千葉ポートアリーナ
2019年8月12日(月)17:00 男子日本代表 vs ニュージーランド

【埼玉会場】さいたまスーパーアリーナ
2019年8月22日(木)19:00 男子日本代表 vs アルゼンチン
2019年8月23日(金)17:00 ドイツ vs チュニジア
2019年8月24日(土)15:00 男子日本代表 vs ドイツ
2019年8月24日(土)18:30 女子日本代表 vs チャイニーズ・タイペイ
2019年8月25日(日)15:00 男子日本代表 vs チュニジア
2019年8月25日(日)18:30 女子日本代表 vs チャイニーズ・タイペイ