JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

女子日本代表国際親善試合2014 上山大会 世界トップレベルの力を示したオーストラリア代表に日本代表(FIBA世界選手権)チームは2連敗

2014年7月27日

FIBA世界選手権へ向けて多くの課題が見つかったと言う#10渡嘉敷 来夢選手

地元山形での試合は「やりやすかった」と話す#17大沼 美琴選手


 山形県上山市へ舞台を移し、「東日本大震災復興支援 バスケットボール女子日本代表国際親善試合2014」は折り返しとなる3日目を迎えました。日本代表(アジア競技大会)はモザンビーク代表を相手に2勝目を目指し、日本代表(FIBA世界選手権)はオーストラリア代表へのリベンジを誓い、試合へ臨みます。

 初戦は40点もの大差をつけて勝利した日本代表(アジア競技大会)。しかし一色 建志ヘッドコーチは、「昨日の試合を観ていても徐々に調子を上げており、1試合目のことは忘れて戦おう」と指示を出し、#12池谷 悠希選手は「リバウンドやセンターのトラップを注意しよう」と選手同士で話し合ってこの試合に臨みました。

 警戒していた通り、初戦とは打って変わって積極的なディフェンスを見せるモザンビーク代表に序盤はリードされます。日本はミスやシュートの確率が悪く12-15で第1ピリオドを終えます。「必ずどこかで波がくるだろう」と一色ヘッドコーチが思っていたとおり、#12池谷選手のシュートから流れを呼び込んだ日本は、#6本川 紗奈生選手の3Pシュートで20-20とし、試合を振り出しに戻し、33-26と逆転して後半へ。「今大会はアジア競技大会へ向けた選考でもあるので、選手たちの良いところを出してあげられるようにメンバー交代をしながら戦っています」と話す一色ヘッドコーチは、全選手にチャンスを与えます。池谷選手は3Pシュート2本を含む11点、地元山形出身の#17大沼 美琴選手は9得点を挙げ、63-51で勝利。
 大沼選手は、「地元でのゲームということで、試合前にいろんな人に会えたことは良かったですが、最初は緊張していました。地元だから活躍できたと思われないように、次の試合も思い切って戦っていきたいです」と感想を述べました。

■第1試合 日本代表(アジア競技大会) ○ 63-51 ● モザンビーク代表 [BOXSCORE]

 1戦目を終えた後、「チームとして初の試合であり、まだ本調子ではなかった」と話していたのはオーストラリア代表のジョイス・ブレンダンヘッドコーチ。この国際親善試合を通じて、ディフェンスにフォーカスして強化を進めています。その通りとなったこの日、内海 知秀ヘッドコーチは、「オーストラリアのディフェンスが1戦目よりもタイトにきたという感じを受けた」と言います。前半こそ33-30と辛うじてリードして折り返した日本でしたが、後半はしっかり対応してきたオーストラリアに逆転され、タイトなディフェンスを攻略できず。52-67で敗れ、世界ランク2位を破ることはできませんでした。

 敗戦後、#13大神 雄子選手は、「2試合とも後半になってからアジャストされ、1試合を通した中での修正力があり、それが上位レベルの強さだということをしっかりと実感しました。勝ちきることができる強さや大事な1本が欲しい時に何をすべきかという点が、まだチームとして統一できていないのかなと思います。もう少しみんなで話し合って、課題に向かって取り組んでいかなければいけません。でも、課題が明確になったことは良かったと感じています」と、光が見えたことで前向きなコメントを残していました。課題が見つかったのは#10渡嘉敷 来夢選手も同じであり、「大きい選手を相手にした時にどのように攻めるべきかという点はたくさんの課題が見つかりました。FIBA世界選手権までの期間で大きい選手を想定しながら、自分のプレイを仕上げていきたいです」と話しています。内海ヘッドコーチは、「オーストラリアが今日の試合で、世界トップレベルの力を出してくれたという気がします。その中で、我々のオフェンスが出せるようにならなければ、そのレベルに到達できません。67点に抑えられた部分は良かったですが、50点台しか獲れないようでは勝てないです。オーストラリアが、今持てる全力を出してくれたことでえ、とても勉強になった試合でした」と言うように、この敗戦を糧に世界のトップレベルに近づく力をつけていきます。

■第2試合 日本代表(FIBA世界選手権) ● 52-67 ○ オーストラリア代表 [BOXSCORE]

 上山市体育文化センターは多くの観客の皆様にお越しいただきまして、ありがとうございました。ハヤブサジャパンは国際親善試合最後の開催地、宮城県仙台市へ移動。次戦は7月29日(火)、ゼビオアリーナ仙台にて、いよいよ2つのハヤブサジャパンが対決します。オールスターゲームが行われない女子トップリーグWJBLですので、これが一夜限りの夢の対戦となります。ぜひ会場へお越しいただき、お楽しみください。

■7月29日(火) 仙台大会 スケジュール (会場:ゼビオアリーナ仙台)
※開場時間 16:00  ※当日券販売・会場発券機 15:00~

[第7戦] 17:00~ モザンビーク代表 vs オーストラリア代表
[第8戦] 18:30~ 日本代表(FIBA世界選手権) vs 日本代表(アジア競技大会)

 今後の観戦チケットはチケットバスケットなど各種プレイガイドにて発売中です。
 また、試合の模様は応援.comにてインターネットLIVE中継(無料)が予定されています。世界に挑むハヤブサジャパンへのご声援をよろしくお願い致します。