JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

第27回FIBA ASIA男子バスケットボール選手権大会(兼 2014FIBAワールドカップ アジア地区予選) 第9日目 9-12位順位決定戦、ハヤブサジャパンは13:45(日本時間)よりインドと対戦

2013年8月9日

 「第27回FIBA ASIA男子バスケットボール選手権大会(兼 2014FIBAバスケットボールワールドカップ アジア地区予選)」は、本日より決勝トーナメントが始まります。準々決勝のカードは、イラン(グループF1位)vs ヨルダン(グループE4位)、チャイニーズ・タイペイ(グループE2位)vs 中国(グループF3位)、フィリピン(グループE1位)vs カザフスタン(グループF4位)、韓国(グループF2位)vs カタール(グループF3位)となりました。今大会の上位3チームに与えられるFIBAワールドカップ進出を賭けたトーナメントがいよいよスタートします。

 2次ラウンド最終戦でヨルダンに敗れ、決勝トーナメントの舞台に進めなかったハヤブサジャパン 男子日本代表チーム。アジア3位以上となる目標は達成できませんでしたが、残されている9-12位順位決定戦で勝ち、最上位になることはもちろん、これまで強化してきたハヤブサジャパンのバスケットボールスタイルを何とかこの2試合で取り戻し、次の2年につなげていかなければいけません。

 #11桜井 良太キャプテンは、今大会を通じてチームの雰囲気を良くするように努めてきましたが、「この結果を見ればできなかったということです」と、ヨルダンに敗戦した後、肩を落としながら話していました。さらに、「他の国だと何も言わずとも騒いでいて、それができないのは日本特有のものなのかもしれませんが、日本が強くなるためにはそういうところも必要です。プレイ面だけではなく、チームを盛り上げられる選手や雰囲気をチーム自体が重要視し、強化していかなければいけないです」と話す桜井選手。これは強化期間を2~3ヶ月有するようなことではなく、意識を変えれば今日からすぐに対応できることです。

 予選ラウンド、2次ラウンドでできなかったこと、悔いが残ったことなどをしっかり取り戻すための2試合にし、次につながる戦いを見せなければいけません。今大会もあと3日。残された期間で全てを出し切り、リオデジャネイロ・オリンピックへ向けて這い上がれるように戦っていきます。

■大会第9日目 8月9日(金) 試合スケジュール
【9-12位順位決定戦】
10:30(日本時間11:30)~ バーレーン vs ホンコン・チャイナ
12:45(日本時間13:45)~ 日本 vs インド
【準々決勝】
15:00(日本時間16:00)~ イラン vs ヨルダン
17:45(日本時間18:45)~ チャイニーズ・タイペイ vs 中国
20:30(日本時間21:30)~ フィリピン vs カザフスタン
22:30(日本時間23:30)~ 韓国 vs カタール
※日本戦はCS放送「フジテレビNEXTライブ・プレミアム」にて録画中継