JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

平成26年度男子U-18日本代表チーム 第1次強化合宿(ドイツ遠征) 第27回アルバート・シュバイツァー・トーナメント 第2戦試合結果報告

2014年4月21日

 平成26年度男子U-18日本代表チームは、4月19日(土)よりドイツ・マンハイムで開催されております「第27回アルバート・シュバイツァー・トーナメント」」に参加しています。
 大会第2日目、男子U-18日本代表チームは、今大会の優勝候補の一つでもあるヨーロッパの強豪・トルコと第2戦を対戦しました。試合結果は以下のとおりです。

■平成26年度バスケットボール男子U-18日本代表チーム
 第1次強化合宿(ドイツ遠征) 試合結果

■Game2 vsトルコ
 4/20(日) 16:00~ 会場:Halle am Herzogenried, Mannheim
 日本 ● 69-147 ○ トルコ
 (11-38, 12-45, 16-25, 30-39)

 第1ピリオド、立ち上がりから、日本はトルコの高さ、スピード、シュート力の高さに圧倒され、自分たちのプレイをすることができない。苦しい時間帯が続く日本は、その後もなかなかリズムを作ることが出来ず、点差が開いていく。11-38、日本はビハインドを負い、第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、立て直したい日本は、ディフェンスのプレッシャーを強めて流れを呼び込もうとするが、我慢の時間帯が続く。対するトルコは個々の1on1から確実に得点を重ね、大量リード。このピリオドを12-45と力の差を見せつけられ、23-83で前半を折り返す。

 第3ピリオド、気持ちを入れかえて後半に挑んだ日本は、ボディコンタクトを頑張り、徐々にリズムをつかみ始める。さらにはトルコの得点が伸び悩むと、日本は小さいながらもチームで総力を挙げ、得点を重ねていく。39-108、点差は開いたものの、日本の好プレイに会場がわき、最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、少しでも追い上げを見せたい日本は、ディフェンスをゾーンプレスに変え、相手のミスを誘う。するとトルコのターンオーバーから速攻に持ち込み、加点する。さらには、ハーフコートのオフェンスも機能し始め、得点を重ねていく。だが、大きく開いた点差を縮めるには至らず、69-147で2連敗を喫した。

 大敗はしたものの、世界トップのレベルを体感することができ、国際大会経験の少ない男子U-18日本代表チームにとっては次につながる実りあるゲームとなった。