JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

ハヤブサジャパン 平成26年度女子日本代表チーム 第4次強化合宿(ヨーロッパ遠征) ムルシア国際トーナメント第3戦結果報告 -アンゴラ代表に77-41で圧勝、スペインでの3連戦を2勝1敗で勝ち越し-

2014年9月8日

全員がプレイタイムをシェアして得点に絡み、アンゴラに77-41で圧勝

チームハイの13得点を挙げた#6間宮 佑圭選手


 ヨーロッパ遠征を実施しているハヤブサジャパン 平成26年度バスケットボール女子日本代表チームは、スペインでのムルシア国際トーナメントに参加し、既にヨーロッパのスペイン、セルビアと戦い、1勝1敗としています。
 遠征14日目、ハヤブサジャパンは、昨年のアフリカ選手権で優勝し、9月27日よりトルコで開催されるFIBA女子世界選手権にも出場するアンゴラ代表と対戦しました。

 これまでと先発メンバーを入れ替え、#5髙田 真希選手、#7山本 千夏選手、#9久手堅 笑美選手、#10渡嘉敷 来夢選手、#15王 新朝喜選手という布陣でスタートしたハヤブサジャパン。すると、この試合9アシストの活躍を見せたポイントガードの#9久手堅選手を起点に、日本ペースで試合を進め、44-27と前半を大きくリードして終えます。後半に入っても勢いの止まらない日本は、相手を各ピリオド一桁に抑える好ディフェンスを見せると、全員がタイムシェアをしながら得点に絡んでいき、77-41で圧勝しました。
 つきましては、下記のとおりお知らせいたします。

■ハヤブサジャパン 平成26年度バスケットボール女子日本代表チーム
 第4次強化合宿(ヨーロッパ遠征) 試合結果

■GAME7 vs アンゴラ代表
 9/7(日) 12:00(現地時間)~ 会場:Palacio de los deportes
 女子日本代表 ○ 77-41 ● アンゴラ代表
 (16-14, 28-13, 22-6, 11-8)

 第1ピリオド、日本は#5髙田、#7山本、#9久手堅、#10渡嘉敷、#15王という布陣でゲームスタート。序盤は、アンゴラのアフリカ勢独特のリズムと高い運動能力に付き合う形となり、開始5分間で9-11とリードを許す。しかしその後、徐々に自分たちのリズムを取り戻した日本は、#10渡嘉敷のミドルショット、#7山本の3Pシュートで得点を重ねる。終了間際には、#13大神が得たフリースローを確実に沈め、16-14と日本2点リードで第1ピリオド終了。

 第2ピリオド、多様なメンバー構成で試合に臨む日本。開始早々、#13大神と#4大庭のガードコンビがスピードで相手を翻弄し、#4大庭の3Pシュートで先制する。さらには#12長岡がスティールからバスケットカウントを決め、開始1分20秒で22-18とリード。その後も相手の得点を抑える日本は、#10渡嘉敷の高確率なシュート、#9久手堅のアシストから#6間宮の連続得点で更にリードを広げ、44-27と17点差をつけて前半終了。

 第3ピリオド、メンバーを変え、#6間宮、#8宮元、#9久手堅、#10渡嘉敷、#11栗原で後半に入った日本は、前半の良い流れを継続し、リバウンドに意識をおく。個々の1on1能力が高いアンゴラに対し、チームディフェンスで守るとリバウンドを奪い、セカンドチャンスを与えない。オフェンスでは#8宮元、#11栗原が相手の裏をつく動きからノーマークを作り、得点を重ねていく。66-33、このピリオドでアンゴラを6点に抑えた日本はリードを大きく広げ、最終ピリオドへ。

 第4ピリオド、若手主体のメンバーで挑んだ日本は、ディフェンスプレッシャーをかけ、ルーズボール、リバウンドに身体を張って飛び込み、相手に得点のチャンスを与えない。しかし上手くシュートにつなげることが出来ず、得点が伸び悩む。終盤に入ると、#12長岡と#14宮澤コンビが躍動。#14宮澤のオフェンスリバウンドから#12長岡がジャンプシュートを決めると、#7山本がこの試合3本目となる3Pシュートを沈め、勝負あり。77-41、日本はアンゴラを41点に抑える好ディフェンスを見せ、白星を飾りました。

※主な得点者
#6  間宮 佑圭 選手 13点
#10 渡嘉敷 来夢 選手 12点
#7  山本 千夏 選手 9点(3Pシュート3本)

 ここまでヨーロッパ遠征で7試合を戦い、通算4勝3敗のハヤブサジャパン。スペインでの3連戦を2勝1敗で勝ち越し、この後、最後の遠征地となるフランスへ移動します。
 フランスでは、再びセルビア代表と戦った後、ヨーロッパの強豪・FIBAランキング4位のフランスと今遠征最終戦を戦います。

 本番となる「第17回FIBA女子バスケットボール世界選手権大会」まで、カウントダウンも20日を切り、世界に挑む強豪チームとの実戦強化も残り2試合となりました。
 引き続き、ハヤブサジャパンへの応援をお願いいたします。

■ヨーロッパ遠征中のゲームスケジュール・結果
※( )内の順位はFIBA世界ランキング/日本は17位
※時間は現地時間

開催国:トルコ
8月28日(木) 18:00~ 日本 ○ 63-53 ● トルコ(13位)
9月1日(月) 19:00~ 日本 ● 61-65 ○ トルコ(13位)
9月2日(火) 16:45~ 日本 ● 51-67 ○ チェコ(5位)
9月3日(水) 16:45~ 日本 ○ 62-48 ● ベラルーシ(10位)

開催国:スペイン
9月5日(金) 19:00~ 日本 ● 55-68 ○ スペイン(6位)
9月6日(土) 17:00~ 日本 ○ 85-64 ● セルビア(29位)
9月7日(日) 12:00~ 日本 ○ 77-41 ● アンゴラ(20位)

開催国:フランス
9月10日(水) 20:00~ 日本 vs セルビア(29位)
9月11日(木) 20:00~ 日本 vs フランス(4位)