JBA公式Facebook JBA公式Twitter JBA公式LINE JBA公式LINE JBA公式LINE

ニュース

【世界最終予選特集】 GO FOR OLYMPIC 山田 久美子選手

2012年6月20日

 いよいよ、6月25日から「FIBA女子オリンピック世界最終予選(ロンドンオリンピック世界最終予選)」がトルコ・アンカラにて開幕します。

 3月14日より始動したハヤブサジャパン 女子日本代表チームは、4月1日より本格的に強化合宿をスタート。国内合宿、アメリカ遠征、女子日本代表国際親善試合、トルコ遠征を行い、準備をしてきました。
 合宿や遠征の成果、これから始まる世界最終予選世界最終に向けて、ハヤブサジャパン全15選手の意気込み、ロンドンオリンピックに賭ける想いをご紹介します。

 山田 久美子 (JXサンフラワーズ)

- 最終合宿でのチーム状況は?
 この合宿から大神選手も合流し、チームのムードメーカーとして存在感もありますので、本番に向けてみんなの意思統一が上向き加減にきていると感じています。勝負するためには、そこまでにしっかりとチームが目指す位置まで持っていかなければなりません。一人ひとりが意識を高くもって、残り少ない日々を大事にしながら練習をしています。

- ここまで海外遠征などを行ってきて、手応えや自信になってることは?
 世界にいけば日本は身長が低く、高さやパワーでやられてしまいます。いかにチームとして打破するか、もう少し意識を高めなければいけません。日本の武器である走ることやスピードは、もっと自信を持って一人ひとりが出していけるようにしたいです。一つ一つのシュートが日本の生命線ですので、きっちり決めていけるよう、みんなで意識を高めて同じ方向を向いて取り組んでいます。

- 4年前の北京オリンピック世界最終予選では勝てず、リベンジする機会が訪れましたが、その思いは?
 どの予選の時もオリンピックに出たいという気持ちで臨んでいました。しかし今までは、甘えていたわけではありませんが、先輩の後をついていくという感じでした。今回は、私と矢野選手が一番上の年齢であり、頼りないかもしれませんが、上級生としてチームの雰囲気を良くするために、声をかけたりしていかなければいけないと思っています。その分、自分がしっかりしなければいけないという自覚はあります。年齢的なことを考えてもラストチャンスだと思っています。バスケ人生の集大成であり、夢に描いていたオリンピック出場をつかみ取れるチャンスが巡ってきたわけですから、夢を現実のものにしたいと思っています。

- 4年に1度しか訪れないオリンピックを、どう感じてますか?
 すごく重いものです。この世界最終予選に出るまでに、アジア選手権や世界選手権などいろんな選手やいろんな思いがつながって、ここまで辿り着いています。この世界最終予選の重み、そしてオリンピック出場権獲得に対する重みはすごく感じています。

- 4年間、オリンピックへの思いは?
 自分がバスケットを続けている限りはオリンピックへの夢は忘れたくないし、忘れずに過ごしてきました。前回の世界最終予選で負けた瞬間から、ロンドンオリンピックを視野に入れてバスケットをしてきたつもりです。

- オリンピック出場へ向けた意気込みを!
 ここまで来るにはいろんな選手の努力や思い、また力を貸してくれた周りの方々の思い、そして日本中のバスケをしている選手たちの思いがあります。その全ての思いを背負ってコートの上で表現し、結果としてオリンピック出場を勝ち取らなければいけません。なので、日本中の期待や思いを背負って、コートの中では倒れるまで自分の力を出し切って、結果を出して帰ってきたいです。

- ファンの皆さんへメッセージ
 トルコは遠い場所であり、なかなか観戦して応援することは難しいですが、皆さんの思いはトルコでも私たちに絶対に届きます。テレビ放送もされますので、テレビの前などで熱い応援を送ってくだされば、それが私たちの力になります。ぜひ応援よろしくお願いします。